ヘラヘラ三銃士・ありしゃん、突如出産を報告しシングルマザーとなった愛沢えみりと悩みを語る!独り身より自由は減るが「それ以上の幸せがある」

By AK / 2024年05月17日

登録者170万人超え、大人気女性3人組YouTuber『ヘラヘラ三銃士』が最新動画を更新。メンバーのありしゃんと『愛沢えみり』のコラボトーク動画を公開した。

妊娠をほとんどの人に言わず貫き通した愛沢「自分の守り方ってものを考える10か月でもあったかな」

未婚でパートナーもおらず、今年3月5日に突如としてSNSで第一子の出産を発表し、シングルマザーになったことを報告した愛沢。

愛沢が第1子を出産したことを祝った上で「え~気づかなかった」「ね~えみりちゃん言ってよ」と話したありしゃん。

愛沢は4人くらいにしか出産前に妊娠のことを言っておらず、ゆったりした服を着たりすることで気づかれなかったという。ありしゃんとコラボ撮影した際妊娠7か月くらいだったと話し、ありしゃんを驚かせた。

子供を授かったタイミングの自身の会社の業績が悪く、社員に話すことや会社を止めることが出来なかったという愛沢。
また妊娠を公表した場合の“そんなに妊婦さんで働くんですか”という声に耐えられないと感じて隠していたという。

社員には事後報告した所“この世で1番怖い”と言われたが、誰に言う言わないの線引きも難しかったため言わないなら言わないと貫き通したという。

つわりはほとんどなかったが、メンタル面が辛く人に言えないほどだったという。

SNSを使った仕事をしてきた分言わないことで安定していた部分もあると明かし、「大切なものの、自分の守り方ってものを考える10か月でもあったかな」と明かした。

女社長同士ということもあり、今後の生き方など様々な話をしてきたありしゃんは愛沢の出産報告を受けて、「羨ましくも思えたし、自分もちゃんと考えなきゃいけないんだな」と感じたという。

女性経営者で妊娠中も働いていたことを公表するのに葛藤 ありしゃんも「正解は自分にしかわからない」と共感

女性経営者として、妊娠中もバリバリ働いていたことを公表していいのか葛藤もあったという愛沢。

「人によって違うから正解が無くて」と話し、ありしゃんも「正解は自分にしかわからない」「バリバリ働いてる人って言わないのが」と同調した。

ありしゃんはもし妊娠が判明した時に、自分がやらないといけないことや仕事を箇条書きにしたところ膨大な量で落ち着いたら妊活しようは無理だ、「タイミングなんてなくない?」と感じたという。

愛沢も同じように悩んだが、経営者もしている親友に相談したところ「自分が授かりたいって思った時がタイミングだから、自分の気持ちに素直に生きた方が良い」と言われたという。

ただ自分がいなくても会社が回るようにもっとすべきだったというのは反省点だとも話した。

公表しなかったことを良い意味で褒められることもあったが「言わないってことでメンタルを保つのに必死だった」と話した。

世のママたちのコメントに救われた愛沢 子供を授かると独り身より自由は減るが「それ以上の幸せがある」

愛沢が母の一面を見せることで、同じ目線で見るようになった人や元気づけられる人も沢山いるのではとありしゃんが話すと、「世の中のママの温かく迎えてくれてる感、今でも思い出して泣きそう」とママたちからのコメントにすごく救われたという愛沢。

自分1人の体ではなくなり、責任も増えることなどから自分が将来お母さんに慣れるか不安とありしゃんが話すと「でももうそれを考えてるのがママだと思う」と愛沢は返した。

遊びやお酒が好きなありしゃんは自分を押さえられるのかと話すと「変わると思うな~」という愛沢。

「遊ぶ余裕がないかも」「時間が物理的にないから」と変わる理由を話し、独り身の時は自由に遊んだりする余裕はあるが子供を授かると「それ以上の幸せがある」とのことだった。

『ヘラヘラ三銃士』のその他の記事はこちら

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧