INIが1000万回再生超で1位!宇多田ヒカル月9主題歌、西川貴教ガンダム主題歌ランクイン!【週間YouTube音楽ランキング】

By matsumoto / 2024年02月24日

今回は2月11日~2月17日にYouTubeで公開された音楽動画ランキングTOP10を発表(2月22日集計)。

1位に輝いたのは、「LAPONEエンタテイメント」の大人気アイドル『INI』の「LEGIT」。公開から1週間で1,000万回をを達成した。本楽曲は、彼らの2ndアルバムに収録されている。

2位は、宇多田ヒカルの「何色でもない花」がランクイン。フジテレビ月9ドラマ「君が心をくれたから」の主題歌になっていて、本ドラマのための描き下ろし楽曲だ。

3位にランクインしたのは、『THE FIRST TAKE』にて披露された「西川貴教」の「FREEDOM」。伸びやかな声が一発撮りとは思えない迫力で視聴者も驚き、映画の主題歌ということもあり、多くの人が動画を見るために訪れている。

INI(1位)

圧倒的な再生回数で見事1位になったのは、『INI』2ndアルバム「MATCH UP」に収録されている「LEGIT」。

今回は、メンバーである西洸人が作詞を手がけたことでも大きな注目を浴びている。MVでは、メンバーがバットを振り車の窓ガラスを“破壊”したり、度々開放的な地上と閉鎖的な地下の描写があったりと「自分らしくいる」というメッセージを感じる内容になっている。まさに、「LEGIT(本物)」というタイトルそのものだ。

INIの強みとしているダンスも今回は、最高のものになっており、11人の揃っていても一人一人が際立っている構成にも注目だ。

Hikaru Utada(2位)

2位には、『宇多田ヒカル』の月9ドラマ「君が心をくれたから」の主題歌である「何色でもない花」のMVがランクイン。

「好きな人のために5感を捧げる」ドラマの切なくも相手を思いやる純愛さを楽曲で丁寧に表現している。楽曲は、透明感があり、語りかけてくれるかのような優しい音色だが、どこか切なさや悲しさが感じ取れる。また、祈るような宇多田の表情とダンスには、思わず誰もが釘付けになってしまう。

コメント欄では、

言語化できない感情を、言語化してくれる天才

宇多田ヒカルと同じ時代を生きられることが本当に幸せです

20年以上前から、変わる事なく新曲が出る度に天才だと思える唯一の人

などの声が寄せられている。

THE FIRST TAKE(3位)

人気アニメ「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ」の最新作『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のために、小室哲哉が作詞・作曲・プロデュースを手掛けた主題歌「FREEDOM」。一発撮りでアーティストの生の声視覚でも聴覚でも感じることができる『THE FIRST TAKE』だからこそ、西川の声と声に込めた感情が伝わる。

いつものSEED曲とは違って、しっとりした曲調で、最初は違和感を感じていた視聴者も、しっとりの中に西川の力強い歌声があり、これこそが映画にぴったりだと感心したファンも多かったようだ。

なお対象は、企業公式チャンネルで公開されたニュース動画を除く、1分以上の動画。(切り抜きチャンネルを除く)※データ集計は2月22日で、広告による再生数も含まれる可能性があります。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧