Eve、映画『マイホームヒーロー』主題歌「インソムニア」1位!ヒカキン、観光客激減の石川県金沢、能登応援旅行で100万円を使い切る!【週間YouTube総合人気動画】

By AK / 2024年06月18日

今回は、6月9日から15日にYouTube上で公開された週間動画総合ランキングを発表。(6月16日集計)

1位は歌い手の『Eve』の新曲で映画『マイホームヒーロー』の主題歌として書き下ろされた「インソムニア」のアニメーションMVが獲得。

2位は『HikakinTV』が獲得。能登半島地震の影響で観光客が激減した石川県金沢、能登を応援するために100万円を使い切る1泊2日豪華旅行の様子となっている。

3位は『よにのちゃんねる』が獲得。「WE ARE! Let’s get the party STARTO!!」のライブ裏側密着の後編で、様々なグループの楽屋に突撃している。

今回のランキングでは『HikakinTV』『はじめしゃちょー(hajime)』『東海オンエア』『ヒカル(hikaru)』とトップマルチYouTuberの動画が多くランクイン。

また『Moto ASMR』『もちまる日記』などASMRやペットといった1ジャンルに特化したチャンネルも2本ランクインしている。

Eve(1位)

1位は『Eve』の新曲「インソムニア」のMVが獲得。

3月8日に公開された映画『マイホームヒーロー』の主題歌として書き下ろされ、3月1日に配信リリース3月29日にはティザー映像が公開されていた本楽曲。

軽快なギターのイントロで始まるアップテンポでノリやすい曲調でありながらもEveの歌声や歌い方からどことなくダークさを感じられる。

MVはダーク×疾走感がテーマで淵素直という曲のタイトルが意味する不眠症に苦しむ少年を主人公としたアニメーション。

「ファイトソング」や「いのちの食べ方」といった過去のEveのMVの主人公弟切飛が淵に電話をかけてきている描写や面会に訪れている描写があり、過去の楽曲との繋がりが感じられる映像にもなっており、これまで数々のEveのMVのイラストを務めてきたクリエイター『まりやす』が制作している。

コメント欄では

fight song→『起死回生の正体が 絶望の淵に立たされる言葉が 辛い痛い 帰りたい場所もないくらい吐き出せぬこの夜も』 insomnia→『起死回生 そう最後だ 盤上の一手 歯食いしばって ただ足掻いて もう戻れない夜を 君と超えろ そうずっと繋いでた 胸に秘めたの』 insomniaが飛、fight songが淵の状況を説明してて好き

夢遊病の夢と現実の狭間で意味分かんなくなって、ずっとグルグルしてて危うい感じが闇深くて好き 結局取り返しのつかないことしちゃったけど、心の何処かではそうなって欲しいって素直君は思ってたのかな とにかく曲も凄くカッコ良くて、今回も最高でした、Eve君!

戻れない夜のところいのちの食べ方のMVみたいになってるの好き

などと今回のMVについては勿論、先述した過去の楽曲との繋がりに関する考察が活発にされていた。

HikakinTV(2位)

2位はトップYouTuber『ヒカキン』のメインチャンネル『HikakinTV』が獲得。金沢、能登で100万円を使う旅行の様子を届けている。

これまで強制休暇として豪華客船豪華日光旅などを楽しんできたヒカキンだが、今回はこれまでと少し違って希望休を取ったという。

今回の行き先は石川県の金沢と能登。今年元旦に能登半島地震が発生した影響で観光客が激減、ホテルや旅館もキャンセルが相次いでいるといったニュースを目にしていくことに決めたとのこと。

「僕1人のね、力では大した力にはなれないかもしれませんが せっかくなら美味しい物いっぱい食べてめちゃくちゃお土産買ってめっちゃいい宿泊まって100万円使い切ることを目標に石川旅行楽しんでいきたいと思います」と話した。

市場で石川の食材を使ったグルメを味わい、金箔パックに着物で茶屋街散策をして輪島塗などのお土産を購入し、絶景リゾートに宿泊して露天風呂や能登の食材を使った食事など豪華な旅行を楽しむヒカキン。翌日も兼六園を散策し、回転寿司で爆食いした後お土産を爆買いするなど石川を満喫した。

今回の旅行で使った金額も109万円と目標達成となった。

よにのちゃんねる(3位)

 

3位は『よにのちゃんねる』が獲得。「WE ARE! Let’s get the party STARTO!!」のライブ裏側に密着した動画の後編となっている。

全員後輩にもかかわらず何故か敬語で許可を取り『SnowMan』『SixTONES』の楽屋に突撃すると『田中樹』が床で寝ており、勢いよく起こした菊池。状況を把握できてない寝起きの様子に中丸、山田、菊池の3人は爆笑。よにののカメラで撮られていることを把握した田中は「ガチ最悪だ」と頭を抱えていた。

次は『Kis-My-Ft2』『Hey!Say!JUMP』『timelesz』の楽屋へ。

「ここは陰キャチームが壁に固まる」と端で固まって話す『伊野尾慧』『知念侑李』『宮田俊哉』と少し離れた位置に座っていた『二階堂高嗣』との絶妙な位置関係に「最初入った時なんか二階堂君が説教してんのかなと」菊池はツッコんでいた。

「兄さん方の部屋は無理じゃないですか」「ここはヤバいマジで」と先輩方の楽屋となった途端緊張した様子で山田と菊池が話す中、中丸が確認し『NEWS』『SUPEREIGHT』『KAT-TUN』の楽屋に突撃。

『加藤シゲアキ』『丸山隆平』『村上信五』らは前日のライブ映像の確認や仕事に向けた勉強をしていたり、普段出ないYouTubeに怯えた様子も見せていたが快く撮影に応じて会話を繰り広げており、先輩としての優しさや仲の良さが感じられた。

コメント欄では

やっぱりこの事務所の縦横の関係性が好きすぎる 他にはない家族感を感じる

SUPER EIGHTが出ると思ってなかったから村上さんと丸山さんうれしい

先輩の質問に対して後輩たちが一斉に返事するのジュニアみたいでかわいい笑 この事務所のこういう縦社会の感じめちゃくちゃ好き

などと先輩後輩の関係性の良さを感じる声やYouTubeをしていないメンバーたちが映っていることを喜ぶファンの声が殺到していた。

なお対象は、企業公式チャンネルやニュース動画を除く、1分以上の動画(切り抜きチャンネルを除く)。※データ集計は6月16日で、広告による再生数も含まれる可能性があります。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧