【YouTubeランキング】週間動画再生数~Snow Man新曲1位/コムドットの赤組旅行~(2月20日)

By DigitalCreators編集部 / 2023年02月20日

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)本編0220

今回は、2月13日~2月19日にYouTubeで公開された本編動画の週間再生数ランキングTOP20を発表。 尚、対象は、企業公式チャンネルで公開されたニュース動画を除く、1分以上の動画。(切り抜きチャンネルを除く)

1位を獲得したのは『Snow Man』(589万再生)。目黒蓮主演映画『わたしの幸せな結婚』の主題歌『タペストリー』のMVが大きな注目を集めた

MVはこのほかに、『XG』(3位:353万再生)『BE:FIRST』(4位:340万再生)がランクインしている。

2位『朝倉未来 Mikuru Asakura』(371万再生)。人気格闘技大会『BreakingDown7』の試合配信動画がランクインした。関連動画では、欠場した『SATORUのギャンスタライフ』が9位にランクインしている(241万再生)

さらに、先週『テオ』が『加藤乃愛』との交際を報告した動画が3位を獲得した『スカイピース』は、本ランキングでも6位にランクイン(291万再生)。交際を祝福する「カップル誕生ソング」動画の制作裏側動画が注目を集めている。

YouTuberランキング常連の『コムドット』(5位:307万再生/8位:256万再生)は、チャンネル登録運動会で結束を深めた「赤組」企画の投稿や、芸能人ランキング常連の『エガちゃんねる EGA-CHANNEL』(10位:207万再生)が話題の『スシロー』を訪れた動画がランクインした。

本編再生数ランキングTOP20

Snow Man(1位)

『目黒蓮』が主演を務める映画『わたしの幸せな結婚』主題歌『タペストリー』のMVが1位を獲得。

映画の内容に合わせて、メンバーも初めてMVで和装を披露している。クラシカルな洋館シーンから、現代を思わせる空間へとタイムトラベルするかのような映像となっており、時代を超えて想いがつながる楽曲の世界観を丁寧に表現している。

切なくも壮大な音楽や9人の指先まで揃った繊細なダンス、魅力あふれるしっとりとした歌声が印象的なMVに仕上がっている。

朝倉未来 Mikuru Asakura(2位)

人気格闘家『朝倉未来』がプロデュースする1分×1ラウンドの格闘技イベント「Breaking Down7」の試合配信動画。

元お笑い芸人の『ぬりぼう』や、『朝倉海』のものまねをウリにする“現芸人”『本多』の対戦がオープニングを飾った。コメント欄では、

ぬりぼうふざけるんかなって思ったけど意外とバチバチにやってくれて見応えがあってよかった

本田スイミングスクール初心者でも必死に家族のために戦っててかっこよかった!!

どの試合も、本当にドラマがあって…いろんな思いが伝わって、とても素敵でした^ ^選手の方々、関係者の皆様、本当にありがとうございました(^^)

など、涙のデビュー戦初勝利を収めた『ぬりぼう』や、その他選手に対する賞賛のコメントが多数寄せられている。

XG(3位)

先月3rdシングル『SHOOTING STAR』にてカムバックを果たした『XG』。収録曲『LEFT RIGHT』のMVがランクイン。

本楽曲は、シンセループとや重厚なベース、ハイハットサウンドが印象的なトラックで構成されている。これまでも、本格的なR&Bの楽曲と、ハイスキルなパフォーマンスを見せてきた彼女たち。今回さらにR&B色が濃い楽曲で、さらなる高みを目指す彼女たちの実力を堪能できる。

MVは、誰もがたどり着いたことのない境地へと向かうスペーストラベルがテーマで、モードな70’s-90’sを彷彿とさせる衣装とセットの対比が印象的な作品になっている。

BE:FIRST Official(4位)

約5カ月半ぶりとなる新曲『Boom Boom Back』のMVがランクイン。

本楽曲は、世界中で活躍をする様々なアーティストに楽曲提供しているソングライターの『Will Jay』、3onawavなどからなるグローバルなチームで制作。本格的なHIPHOP要素を感じる激しいダンスも注目されている。

公式HPには、本楽曲について次のように書かれている。

数々の栄誉を手にしてなお貪欲にそして誠実にさらなる高みを目指していく決意を歌った、90’sフレイヴァー、2000年代ティーンズビート、そして現行のセンスがミックスされたハイブリッドなHIPHOPダンスナンバー

これまでの『BE:FIRST』にはない、新境地なテイストとなっており、世界を目指す今後の活躍を思わせるMVとなっている。

コムドット(5,8位)

2021年の登録者数大運動会で人気を集めた『赤組』。今回の動画は、『平成フラミンゴ』『ばんばんざい』の『るな』をのぞく9人でスノボ旅行をしている。

スキー場を貸し切って、旅行を堪能できるということで期待が膨らむ一同。今回の企画では、リーダー『やまと』ではなく『ゆうま』が幹事で、スケジュール作成やチーム分けを担当しており、新鮮な動画となっている。

スキー場まで『ゆうた』チームと『ひゅうが』チームに分かれて移動。途中パーキングエリアに立ち寄って、仲睦まじく食事を楽しんでいる。

前回動画で、女性クリエイターにチョコレートをおねだりする“ちょうだいチョコ”企画を行った『コムドット』が、実際にチョコをもらう続編動画。

『ゆうた』が訪れたのは、『くれいじーまぐねっと』の『浅見めい』。手作りを男性にあげるのは初めてという彼女のチーズケーキを実食して、おいしさに感動している。続いて『ひゅうが』が訪れたのは同じく『くれいじーまぐねっと』の『エア』。チョコではなく、豪華なお弁当を受け取っている。

『あむぎり』が向かったのは『こなん』。動画上で同じ画角に映ることが珍しい2人だが、プライベートで仲良しという以外な一面が見られた。『ゆうま』は『えな(むくえなちっく。)』『ふくれな』『とうあ』の3人からチョコをもらうことに。その後は、『むく(むくえなちっく。)』にもらっており、ほのぼのとした穏やかな2人の雰囲気が可愛らしい。

そのほか、豪華な女性クリエイターからチョコをもらう『コムドット』。ホワイトデーにお返しをするということで、1ヶ月後の動画が楽しみになる視聴者も多いのではないか。

スカイピース(6位)

先日交際を発表した『スカイピース』の『テオ』と人気インフルエンサー『加藤乃愛』。彼らを祝福するカップル誕生ソング制作の裏側に密着した動画。

『きりたんぽ』『むくえなちっく。』『(ガチヤマ・けーすけ)』をはじめとする、2人と関わりの深いYouTuberが集結した。交際に対するそれぞれの想いを込めた歌詞を音楽に乗せたレコーディングや、MV撮影の様子が見られる。さらに、『テオ』の実の兄でアーティスト活動をしている『A.T.E』も出演。豪華な動画に仕上がっている。

そして最後には、『テオ』『加藤乃愛』カップルが動画を視聴。応援メッセージの数々に思わず涙する2人の様子が微笑ましい。

ワーナー ブラザース 公式チャンネル(7位)

光速スピードを武器に世界を救う、地上最速ヒーロー“フラッシュ”ことバリー・アレンを描いた映画『ザ・フラッシュ』の予告編映像がランクイン。

『ワンダーウーマン』『アクアマン』に続き、満を持して単独で映画化された本作品。原案となるのは、並行世界をめぐるDCコミックの人気エピソード「フラッシュポイント」。主人公「フラッシュ」だけでなく、パラレルワールドに暮らすもう1人のフラッシュや、スーパーガール、バットマンと、超豪華ヒーロー陣が、時間も世界も超えて登場する。

アメリカン・フットボール最高峰のイベント『スーパーボウル』に合わせて、大作映画の予告が公開されることはもはや風物詩となっており、本映像も大きな注目を集めた。

SATORUのギャンスタライフ(9位)

動画では流血姿にモザイクされた『SATORU』が、何者かに襲撃されたことを報告した動画がランクイン。

動画冒頭で、「何者かに襲撃された。誰の犯行で誰の仕業かまだ分からない。BreakingDown7、それから炎上万博、それと戦極MCBATTLE、毎週末決まってたライブの予定。これらすべてキャンセルする」と話した。
さらに「俺の仲間たちに伝えるよ。躍起を起こすな。まだだ。まだ動くな。俺を仲間だと思うならひと言も口に出すな。俺の指示以外の行動を取るな。俺の指示を無視して動く者が現れたらそいつは仲間じゃない」とメッセージを送ってた。
続けて、「俺は大丈夫だ。次の合図を待て。俺は誰にやられたか分かんないし、もしかして……とか、この人に狙われてるかも……とか、一切言ってない。もちろんサツなんかに頼んねえよ」と襲撃犯を自力で探すと明かしている。

エガちゃんねる EGA-CHANNEL(10位)

現在話題の回転寿司チェーンスシローに初来店という『江頭2:50』が、『ブリーフ団』と一緒に寿司を楽しみながら談笑する動画。

動画中盤では、先日『江頭』が依頼されたが、キャラクター的に面白さが半減するという理由で断った「自毛植毛」の案件の話に。

『江頭』の代わりに、自毛植毛を決意した『ブリーフ団』の『L』は、ドレッドヘアやアフロヘアを人生で一度はやってみたいと意気込み、クリニックへ。しかし、カウンセリングに臨むも、必要な株数の髪がなかったため、植毛を諦めたという。

ショート動画再生数ランキングTOP20

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)【ショート】0220

1位は『夜のひとりごと』(885万再生)。同チャンネルは8位(222万再生)にもランクインしている。

先週3本ランクインした『Junya jr.andMask / こじゅんや』は、今回3位(824万再生)にランクインしている

TOP10では、ランキング常連の『Bayashi TV』(4位:338万再生/5位:281万再生)をのぞいて、『SHIROKI☆しろき』(2位:570万再生)『全力回避フラグちゃん!』(7位:231万再生)『panda情報局』(9位:210万再生/10位:200万再生)など、先週に引き続き比較的新しいチャンネルがTOP10入りを果たしている。

全動画再生数ランキングTOP20

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)【全動画】0220

TOP10のうち、本編動画の上位4本がランクイン先週に引き続き、ショート動画の再生数が1,000万回を超えておらず、本編と同数の4本ランクインという結果になった。

また、企業広告は『SUUMO / スーモ』(7位:346万再生)、『LIXIL Corporation』(10位:309万再生)がランクインした。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧