【YouTuberランキング】週間動画再生数<マルチYouTuber>~ヒカキン上位独占/平フラ爆買い企画

By DigitalCreators編集部 / 2023年05月16日

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)【週間マルチYouTuber】0515

今回は、5月8日〜5月14日にマルチYouTuberチャンネルで公開された動画の週間再生数ランキングTOP20を発表。

1位は『HikakinTV』(350万再生)。発売前の「みそきん」を巨大化した「超巨大みそきん」を有名YouTuberの元に突撃配達する動画が注目を集めた。『HikakinTV』からは1位の動画を含む計3本の動画がランクイン(2位:269万再生/10位:121万再生)。ランキングの1位と2位を独占する「みそきん」の人気の高さが伺える。

3位から5位、10位には『東海オンエア』がランクイン。再生数は、3位:187万再生/4位:163万再生/5位:162万再生/10位:119万再生と、安定した人気の高さを誇っている。

他には『はじめしゃちょー』(6位:144万再生)、『コムドット』(8位:140万再生)、『平成フラミンゴ』(9位:135万再生)と若者から絶大な支持を誇る人気You Tuberたちがランクインしており、今週もYouTuberランキング常連メンバーが並んでいる。

マルチYouTuber再生数ランキングTOP20

HikakinTV(1,2,10位)

『HikakinTV』が発売前の「みそきん」を巨大化した「超巨大みそきん」を、有名YouTuberの元に突撃配達する動画が1位にランクイン。

『ヒカキン』は「HIKAKIN PREMIUM」より5月9日に発売された「みそきん」のカップラーメン、カップ飯を普段お世話になっているYouTuberたちに届けるべく、「超巨大みそきん」を制作。本動画は、そんな「超巨大みそきん」を東京や岡崎に住む人気You Tuberに『ヒカキン』自ら配達する動画。

みそきんパッケージが大々的に印刷された巨大なギフトボックスの中には、みそきんくんぬいぐるみなどのみそきんグッズ、そして宝探しのように詰め込まれた大量のカップ麺・カップ飯が。

受け取ったYouTuberたちは、低確率で当たる蓋の裏に描かれた「招き猫キン」イラストの開封を楽しみながらも、大先輩『ヒカキン』からの魂のこもったギフトに喜びの顔を見せた。

2位には、満を持して販売開始した「みそきん」の発売を記念したプレゼント企画のお知らせ動画がランクイン。

発売前から大反響を呼び、品薄状態だという記事がかなり見受けられるということに対し『ヒカキン』は感謝を述べつつも、「もし発売してすぐ売り切れたり買えなかったらすみません」と動画冒頭で謝罪。

本動画では、そんな話題沸騰中の「みそきん」の販売を記念し、総額1200万円越えの超豪華プレゼント企画を行うことを発表。コメントでは販売を心待ちにしていた視聴者からの祝福の声と、プレゼント企画の規模の大きさへの驚きの声が飛び交った。

動画後半では、300体のみそきんくんぬいぐるみのうち3体にマジックペンでサインを書く姿も見られる。プレゼント企画で配られる300体のみそきんくんぬいぐるみのうち100分の1の確率でサイン入り、うち1体だけが金のサイン入りと、視聴者の参加意欲を大いに高める動画内容だ。

10位にランクインしたのは人気TPSゲーム「フォートナイト」にて『ヒカキン』の自宅を完全再現したマップを本人と一緒に楽しむことができる動画。

一般に戦闘をイメージされることの多い「フォートナイト」だが、自分だけの世界を作ることのできるクリエイティブモードという機能にも定評があり、この機能を利用することで自分の島に自由にコンテンツを作成することが可能になる。

動画冒頭では「辛口で見ていくからね」と厳しいコメントをしていたものの、その再現率の高さに鳥肌を立てるほど感心する『ヒカキン』の姿を見ることができる動画。

東海オンエア(3,4,5,7位)

同じ姿勢をどれだけ長く続けられるかを競う対決動画が3位にランクイン。

挑戦するのは『てつや』『虫眼鏡』『りょう』。動いた瞬間を見守るサポーターは、『ゆめまる』『しばゆー』『としみつ』。『てつや』の姿勢は、椅子に深く腰掛けて、背もたれに頭、肘置きに肘を置くというもの。『虫眼鏡』の姿勢は、バンザイの状態で仰向けになるというもの。『りょう』は、患者に対して救急車が車で安静を保つための姿勢の一つである、回復体位で挑む。

我慢強さに定評がある『りょう』は、左肩に頭を置く姿勢のため、痛さのあまり1時間28分と早々にギブアップ。続く『てつや』は、おむつを履くなど万全の準備体制で挑戦。5時間54分と驚異の記録を出した。今回の最有力候補である『虫眼鏡』は、布団をかけて睡眠をとることで記録に挑戦するが、1時間12分と仮眠レベルの睡眠時間となってしまった。

4位には、プレス機を使って作った様々な種類のせんべいを食べくらべる動画がランクイン。

今回は『てつや』『としみつ』『ゆめまる』の3人が1チームで挑戦。内容は3問連続で何をせんべいにしたものなのかを正解しなければいけない、というもの。見た目で何かわかる簡単な問題が含まれていたこともあり、10問手前でクリア。用意していた残りのせんべいを満腹と戦いながらも食べくらべ、盛り上がる3人の様子が楽しめる。

様々なせんべいを食べた3人が出した「えびせんが一番」という結論はかなり信憑性が高い。

東海オンエア史上初のチーム分け、1人vs2人vs3人でいい勝負になる競技を探す動画が5位にランクイン。

競技を提案するのは『てつや』『としみつ』『りょう』『虫眼鏡』の4人。1人チームが弱く、3人チームが強くなってしまいがちと思われるこの人数比を、競技考案者の振り分けによって結果に差が出ないバランスのいい競技を考案したものが勝利となる。

『てつや』考案のブルチャレンジ、『りょう』考案のコーラ早飲み対決、『としみつ』考案の外野フライキャッチでは、かかったターン数やタイムにばらつきが出てしまうという結果に。一方、二日酔いで寝坊したことで撮影に遅刻してしまった『虫眼鏡』が考案したぶら下がり対決では、意外にも結果が拮抗した。

 

プロマジシャンの手品のタネを素人でも見破ることができるのかという検証動画が7位にランクイン。

挑戦するのは『てつや』『としみつ』『りょう』の3人。頑張れば見破れそうな3つの手品を繰り返し何度も見ることで、タネを見破ることができれば成功となる。

マジシャンの巧みな話術とアドリブに翻弄される3人を楽しむことができる。

はじめしゃちょー(hajime)(6位)

6位にランクインしたのは、YouTuberの集まるイベント会場の横で『はじめしゃちょー』がたこ焼き屋さんをする動画。

3年ぶりの開催となった、総勢25組以上の動画クリエイターが集結するイベント「U-FES.2023」。動画内容は、UFESが開催される会場(有明ガーデンシアター)の横でたこ焼きを売ったらたくさん売れるのでは?というアイデアから『はじめしゃちょー』がたこ焼き屋さんを出店するというもの。

動画前半ではたこ焼き作りをしたことがない『はじめしゃちょー』が、作り方から教わり未経験ながらも猛特訓する様子を楽しむことができる。「UFESに今までとは違う出方で出演したい」という『はじめしゃちょー』の願望も叶い、想定を超える大盛況により、たこ焼き屋さんは大成功に終わった。

コムドット(8位)

「サイゼリア」で協力を題材にした『コムドット』のご飯企画が8位にランクイン。

空腹状況や食べるものを話し合って1人ずつサイゼリアに行き、5人の食べたものの合計が5000円ぴったりになれば成功という、『コムドット』メンバーの協調性や絆が試される企画だ。失敗の場合は”戦犯”を決め、罰ゲームとして1人企画の撮影が課せられる。

本編では店内で食事するメンバーの様子だけでなく、待機中の車内の4人の様子も同時に楽しむことができる。一人一人が譲り合った結果、合計金額は200円オーバーと惜しい結果に。お互いを気遣った最終結果を考慮して戦犯は決めずに終わるという、メンバーの中の良さが見られる微笑ましい動画。

平成フラミンゴ(9位)

9位にランクインしたのは、『平成フラミンゴ』の2人がロサンゼルスのアウトレットで爆買いをする動画。

2人がやってきたのは約180ものショップが集まる「デザートヒルズプレミアムアウトレット」。本編では『平成フラミンゴ』の2人が二手に分かれてアウトレットを散策、爆買いする様子と、購入品を紹介し合う仲睦まじい2人を見ることができる。お互いの購入品を否定することなく、そのセンスを褒め合う2人の様子が微笑ましい。

 

 

 

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧