【YouTubeランキング】週間動画再生数~コムドット連続ランクイン/アヴリルラヴィーン登場~(9月5日)

By DigitalCreators編集部 / 2022年09月04日

YouTubeランキング【本編】
『THE FIRST TAKE』が2動画ランクイン
特に5位にランクインしている『Avril Lavigne』の動画は、9月2日(金)に公開されたにも関わらず、283万再生を獲得しており、国内外のファンから視聴されている。

その他の『はじめしゃちょー』『川崎ブレイブサンダース』は、お互いとのコラボ動画を公開し、さらに『コムドット』も人気YouTuberとのコラボ動画を公開し、TOP10にランクインしており、”コラボ動画”を公開することの勢いを感じさせる。

【本編動画再生数ランキングTOP20】

THE FIRST TAKE(1位、5位)

1位にランクインした動画は、この動画にて、初解禁、初披露となっている『優里』の新曲『おにごっこ』
切ない恋心が紡がれており、コメント欄では

メロディがキャッチーでも歌詞が入ってこない歌が多いと(個人的に)感じる中、頭に残るメロディラインはさることながら、初聴きでも毎回(サビだけでなく)歌詞全体を噛み締めさせる作詞力、それを伝える表現力に魅せられています。

など、多くの賞賛コメントが投稿されている。

5位にランクインした動画は、今年デビュー20周年を迎える、世界的歌手である『Avril Lavigne』の『Complicated』
この曲は、”複雑な人生や裏表のある人とのつながりを描き、世界中の人々の心を掴み続けいている楽曲”で、『Avril Lavigne』の曲中では、外せない名曲である。

はじめしゃちょー(2位,16位)

2位にランクインした動画は、プロバスケットチーム『川崎ブレイブサンダース』とのコラボ動画を生配信

バスケ経験のある超人気クリエイターで、チームを結成し、プロチームに試合を挑んでいる。

16位にランクインした動画は、世界一黒い液体”黒色無双”という塗料を使用し、3億円の豪邸の1部屋を丸ごと黒く染め上げた動画。

コムドット(3位、4位、18位)

3位、4位には、大人気シリーズ”赤組”企画のコラボ動画で、今回は東京・秋川でBBQ企画を実施。
『平成フラミンゴ』『ばんばんざい』『とうあ』が参加している。
本来であれば『きりたんぽ』も参加する企画であったが、活動休止中な為、今回は欠席しているが、動画冒頭では『きりたんぽ』にも触れており、チーム愛を感じる動画となっている。

18位にランクインした動画は、『やまと』と『ひゅうが』の温泉2人旅企画。
車の中では、いつものテンション高めの『ひゅうが』ではなく、素のテンションで、メンバーとの関係性の話や、学生時代の話をしており、普段の姿を垣間見れる
温泉宿のレストランでは、働いている女性に「コムドットの中で誰のファンか?」を聞くと「ひゅうが」と答えており、テンションMAXに上がる『ひゅうが』と、テンションの下がる『やまと』の対照的な姿が面白いシーンとなっている。

FNNプライムオンライン(6位)

信号無視で交差点に突っ込んできた車と巻き込まれた車を、撮影していたドライブレコーダー映像が流れる。
事故は神奈川県藤沢市で起こった事故を伝えるニュースで、ドライブレコーダーでは突っ込んできて軽自動車側の信号が赤にも関わらず、「相手が悪い」と言い激怒していると話す、突っ込んできた軽自動車の運転手と、ドライブレコーダー映像を提供した運転手が話した内容が公開されている。

竹原テレビ(7位,11位)

7位にランクインした動画は、8月17日に公開し、週間動画再生数にもランクインしていた「ジムに乱入してきた元半グレの喧嘩自慢に竹原がキレる…」の動画と同様の動画。
半グレの若者がジムの前に溜まり近所迷惑になることを避けジム内に呼び込むが、元々迷惑行為をやめてもらうために呼び出していた別の半グレチームとバッティングしてしまい、ジム内の雰囲気は一触即発状態

11位には、7位にランクインした動画の続きで、竹原と若者が胸ぐらを掴むシーンから始まる。
竹原にスパーリングを挑む若者に「死んでも知らんぞ」と凄む竹原。
その後、スパーリングをするが、圧倒的な実力差を見せつけている。

Snow Man(8位)

9月21日に発売予定の2ndアルバムから『キッタキッテナイ』の”Rec Ver.”を公開している。
様々なジャンルの音楽で構成されるアルバの中でも”衝撃作”と言われている。

佐藤健/Satoh Takeru(9位)

8月23日に公開された『佐藤健』と『千鳥』の『ノブ』の二人旅のpart2動画。
『佐藤健』が美味しいお店を紹介すると『ノブ』を連れて行った先が、『ONE OK ROCK』の『Taka』の自宅で、”絶対に予約の取れないカレー店”の店長として紹介されている。
『Taka』の超豪邸も披露されており、多方面のファンに刺さる動画となっている。

川崎ブレイブサンダース(10位)

2位にランクインしている『はじめしゃちょー』の生配信が前半戦となっており、10位にランクインしたプロバスケチームの『川崎ブレイブサンダース』のこの動画は、後半戦となっている。
前半戦は”プロvsクリエイター”の試合が行われたが、後半戦は混合試合となっており、”レジェンドvsクリエイター”が行われている

竹之内社長の【非常識な成功法則】(12位)

『令和の虎』とのコラボ動画で、今回の志願者は『【Repezen Foxx】』の『DJ社長』が、希望額1500万円で、プレゼント企画のプレゼンを行なっている。
『DJ社長』は”SNSのフォロワーを獲得する為のプレゼント企画”に関するプレゼンを行なっており、YouTubeやTwitter、TikTokを活用し、”世界一になる”という自分の目指すビジョンを語っていく。
元々ファンだと伝える社長が続出し、前編動画である当該動画の時点で『竹之内教博』『林尚弘』『トモハッピー』の3人が300万円を申し出ており、盛り上がりを見せている。

jun channel(13位)

任天堂『ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー』をプレイしながら、6時間30分にも及ぶ生配信を実施。
”加藤純一vsもこう”のゲーム実況対決は、7年ぶりで、ファン待望の企画となっている。

令和の虎CHANNEL(14位)

『竹之内社長の【非常識な成功法則】』で公開された前編動画に引き続き、後編動画を公開。
後編動画は、林社長からの「なんでDJ社長のように有名な方が令和の虎に来てくれたのか?」という質問から始まるのだが、プレゼンスイッチの入った熱い思いを抱く『DJ社長』は、話がどんどん脱線していくが、虎たちから、「普通の志願者だったら腹立ってくるんだけど、聞いてて面白いよね」と感心しており、そんな一面も追い風ムードになっている。
プレゼン結果は、全社長から300万を獲得し、希望金額の1500万円を達成している。

東海オンエア(15位、20位)

15位にランクインした動画は、「てつやが、より長くサウナ室にいられる方法を考えよう!!!」と言う企画がランクイン。
『りょう』の家に作ったサウナ室を使用し、他メンバーの作戦を4週連続で試していく動画。

20位にランクインした動画は、4年前に実施した自身のネタである「セラヤTV」の企画を実施している。
セラヤTVは『消しゴム(てつや)』と『もっこり坂井(としみつ)』で構成されており、独特なキャラクターが癖になる。
今回は海外旅行企画を行なっている。

ジャにのちゃんねる(17位)

8月27日〜28日で放送された24時間テレビのメインパーソナリティを務めた打ち上げで、『二宮和也』『中丸雄一』『菊池風磨』が旅行をしている最中に、チャンネル登録者が350万人を突破し、急遽記念の生配信をしている動画。
『山田涼介』は仕事の都合で旅行に同行できていないが、生配信では、電話を繋いで声のみ出演している。
動画内では、旅行中に『中丸雄一』と『菊池風磨』が”山手線ゲーム”で揉めた話をしており、世代は違うものの、仲の良さがわかる動画に仕上がっている。

ヒカル(19位)

『フィッシャーズ』との初のコラボ動画を公開。
動画は焼き肉で100万円使い切るまで帰れない企画を実施しており、撮影日当日が『フィッシャーズ』の『シルク』の誕生日で、『ヒカル』からプレゼントとして初代『デュアルマスターズ』のグッズをプレゼントしている。

ピックアップ動画

【はじめしゃちょー】YouTuber対プロバスケチームで試合してみた。【DREAM GAME 2022】

バスケットボール経験のあるクリエイターを集めた最強集団7人を集めたスペシャルチーム。
今回の発起人である『はじめしゃちょー』は小学4年生からバスケを始め、高校生の時に富山県のBEST16まで勝ち進んだ経験を持つ。

『はじめしゃちょー』の他には、『コムドット』の『ゆうた』『うらた(ゆうま)』『水溜りボンド』の『カンタ』『サワヤン』『Lazy Lie Crazy』の『ともやん』が集結し、この日のために練習を積んできたという。
解説席には『水溜りボンド』の『トミー』が着席し、実況者と共に、会場をまとめていく。
クリエイターチームのヘッドコーチには、お笑い芸人の『麒麟』『田村裕』が着任している。

試合開始のジャンプボールは、クリエイターチームが制しているが、先制点は『川崎ブレイブサンダース』のダンクシュートを決められている。
クリエイターチームの初得点は、『ともやん』(Lazy Lie Crazy)のカウンターで獲得、会場が一気に湧く様子は鳥肌不可避である。
試合中には、『水溜りボンド』のテーマソングが流れたり、クリエイターファンも楽しめる工夫がされている。一時4点様で詰め寄っており、視聴者の期待を煽っている。

第1クォーターは、昨シーズンのリーグMVPを獲得している『藤井 祐眞』選手の3ポイントシュートで終了したが、第2クォーターは、先制点こそ取られたが、すぐに『サワ』の3ポイントシュートで流れを掴みに行く。
また、『ともやん』を起点に、鮮やかなコンビネーションプレーで得点したりと、練習の成果も見受けられる。
ハーフタイムには、スペシャルゲストとして『スカイピース』が登場し、『Sexy Dance FLOR』を披露し、会場を盛り上げている。

また、第4クォーターの終盤には、『はじめしゃちょー』と審判が”賄賂”のやりとりをし、”クリエイターチームの得点が3倍になる”というルール変更が行われる。
これに抗議した川崎の監督が審判に詰め寄るが、審判が賄賂を横流しし、黙認してもらう流れのコントを織り込んでおり、ここでも盛り上がる工夫が施されている。
さらには、クリエイターチームはベンチの選手だけでなく、田村ヘッドコーチまでもが試合に参加し、会場を盛り上げている。
『はじめしゃちょー』は最後に「ズルしてすみませんでした!」と、謝罪している。

【竹之内社長の【非常識な成功法則】】【前編】DJ社長が志願者に!一流社長たちから1500万円獲得できるか?【『Tiger Funding』×『成功者虎の壁』コラボ】

『令和の虎』に出演している『竹之内教博』のチャンネルで、『令和の虎』とのコラボ動画になっており、こちらのチャンネルには前編が公開されている。
今回の志願者は『【Repezen Foxx】』の『DJ社長』で「世界一になりたい」という野望を掲げ1500万円を希望金額として出演している。
『DJ社長』は29歳で、本名は『木元 駿之介』といい、駒澤大学を中退した後、DJやインフルエンサー業を生業としている。
22歳の時に社長業をしていたが、失敗し、借金6000万円を背負うことになり、有名人になりたいと思いDJを始めたという。
その際にYouTubeでのクリエイター活動を開始している。現在は9億の借金があることも、自身で暴露している。
今回は通常とは異なり、”投資でも融資でもない”ということで、”一緒にフォロワーを増やしませんか?”と”協業”をプレゼンする異例の流れになっている。

前編動画では、自身の経験を活かした「YouTubeやTwitter、TikTokの構造」や「ユーザーの心理」に触れる話をしており、今のビジネスには欠かせないツールだと説いている
前編動画終了時には、元々ファンだと伝える社長が続出し、前編動画である当該動画の時点で『竹之内教博』『林尚弘』『トモハッピー』の3人が300万円を申し出ており、盛り上がりを見せている。

後編動画では、熱い想いを語っていくうちに話が脱線していく『DJ社長』を『トモハッピー』が諌めるが、それに対し虎からは、「普通の志願者だったら腹立ってくるんだけど、聞いてて面白いよね」と、『DJ社長』の魅力について関心を寄せた
また、マーケティングについてもよく勉強していると、『DJ社長』を褒める場面も見受けられた。

最終決断では、渋っていた『株本祐己』から発表されたが、発表したボードには”300万円”の文字が書かれており、他の虎たちは立ち上がり驚いた表情を見せる。
株本が「実は『DJ社長』の結構なファンで、見たことない動画はないと言える」と言うと、現場は大爆笑に包まれるが、年齢も近く「DJ社長が初期に行なったメンバーに対するキャラ付けからファンを獲得する」と言う戦略や「コンテンツ制作」における部分で真似をさせてもらった、と話し、感謝の意で金額を決定したと言う。

完全Allで幕を閉じた今回のプレゼンに紐付く、今後の企画が楽しみである。

【ショート動画再生数ランキングTOP10】

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)0905

『Saito さいとう』3動画、『ISSEI/いっせい』3動画、『Sagawa/さがわ』1動画、『BayashiTV』1動画と、常連組はそれぞれランクインしているが、今週見事第1位を獲得したのは、『リバカン』という、チャンネル登録者数7.98万人の動画である。

『リバカン』の動画は、最近TikTok等で流行っている、iPhoneを使用した、一風変わった撮影でおしゃれな動画を撮影する様子をおさめている動画だが、iPhoneを遠くまで投げたりしている点や、どのように撮れているか結果の動画が上がっていない点について、コメント欄では「この後どうなったの?」と少々困惑気味な投稿がされている。

また『Junya jr.andMask/こじゅんや』や『【公式】大チャンネル』『【公認】朝倉未来とんでもない切り抜きch』など、ニューフェイスもランクイン

【全動画再生数TOP10ランキング】

 

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)0905

今週は先週までとは違い、10動画中ショート動画が5動画のみのランクインとなり、企業公式チャンネルのCM素材が4動画もランクインしている。
また、本編動画の『THE FIRST TAKE』も8位にランクインしており、人気の高さが窺える。

 

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧