【YouTubeランキング】週間動画再生数<音楽>~コムドット悠馬自作MV/Snow Manダンス動画~(5月8日)

By DigitalCreators編集部 / 2023年05月11日

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)週間音楽0508今回は、5月1日〜5月7日にYouTubeで公開された音楽動画の週間再生数ランキングTOP 10を発表。尚、対象は、「歌ってみた」「踊ってみた」などのカバー動画を除き、ライブ映像を含む音楽関連動画とする。(5月8 日集計)

1位は『コムドット』(273万再生)。メンバーの『ゆうま』『悠馬』名義でリリースした初の楽曲「カーテン」のMVが大きな再生数を獲得している。

2位にランクインしたのは『Snow Man』(238万再生)。5月17日発売予定の「i DO ME」に収録されている「slow…」のダンスプラクティス動画。迫力のあるダンス構成やキレのあるパフォーマンスが注目を集めた。

その他ジャニーズからは、6位に『Kis-My-Ft2』(60万再生)、7位に『SixTONES』(57万再生)がランクインしている。

3位にランクインしたのは『TENSONG』(87万再生)。新曲「コイビトミマン」の公式ミュージックビデオがランクインした。

音楽再生数ランキングTOP10

コムドット(1位)

1位にランクインしたのは『コムドット』のメンバー『ゆうま』が『悠馬』として5月1日にメジャーデビューシングル『カーテン』のMV。

本楽曲は、『悠馬』が18歳の頃に制作した楽曲を、24歳となった今の視点で生まれ変わらせたナンバー。MVは18歳の『悠馬』が思い描いた未来と今が融合したストーリー仕立ての作品で、メンバーの『ゆうた』が出演している。

『悠馬』は自身のインスタグラムで「今はまだほとんど素人ですが、曲を沢山制作してしっかりアーティスト悠馬として世間に認めていただくことが目標です。」とコメントし、今後の活動にも期待が高まっている。

Snow Man(2位)

2位にランクインしたのは、『Snow Man』の新曲「slow…」のダンスプラクティス動画。

5月17日発売予定の『Snow Man』3枚目アルバム「i DO ME」に収録されている「slow…」のダンスプラクティス動画が公開された。

ダイナミックなフォーメーションの全体を映すように切り替わるカメラワークが、『Snow Man』持ち前のパフォーマンス能力の高さを引き立たせている。また、公式ミュージックビデオでは主に背景だった赤色が本動画では赤衣装で統一されており、対照的であることが印象深い。

際限なく進化し続ける彼らのエンターテインメント性に、ファンからの賞賛の声が集まっている。

TENSONG(3位)

5月10日に配信リリース予定の『TENSONG』の新曲「コイビトミマン」が3位にランクイン。

多くの若者を魅了する大人気ユニット『TENSONG』が、ストリングスを迎えた14人体制でレコーディングに取り組んだ新曲「コイビトミマン」。リアリティが高く、ストレートな表現がふんだんに使われた歌詞に多くの共感の声を呼び、話題となった。

2月から始まった初の47都道府県対バンツアー「〜JUST FOR FUN 2023〜」は、大きな盛り上がりを見せており、人気絶頂の彼らの活躍から目が離せない。

P丸様。(4位)

4位にランクインしたのは、『P丸様。』が人気アニメ主題歌「アイドル」をカバーした動画。

4月からテレビアニメ放送を開始した「推しの子」の主題歌である『YOASOBI』の「アイドル」は、日本だけでなく海外からも注目を集め、公式ミュージックビデオの再生回数はわずか公開16日で5000万回を超えた。

そんな大注目真っ只中の「アイドル」を人気クリエイター『P丸様。』がカバーし、楽曲との親和性の高さが話題を呼んでいる。いつものカバー動画とはまた違った声色で、高難易度曲を歌唱力を落とすことなく歌い上げる『P丸様。』のスキルの高さを感じることのできる動画。

不破 湊 / Fuwa Minato【にじさんじ】(5位)

5位にランクインしたのは、「にじさんじ」ユニット『VACHSS』による「イケナイ太陽」のカバー動画。

バーチャルライバーグループ「にじさんじ」に所属する「葛葉」、「叶」、「加賀美ハヤト」、「不破湊」、「夢追翔」、「剣持刀也」の6人から構成されたコラボユニット『VACHSS』がロックバンド『ORANGE  RANGE』の「イケナイ太陽」をカバーした。「にじさんじ」の3周年を記念して結成された『VACHSS(バックス)』が2年の時を経て再集結した姿に、ファンから大きな反響を呼んでいる。

本カバー動画は「にじさんじ」所属ライバーでバーチャルホストの「不破湊」の誕生日を祝う3Dライブ配信で披露された楽曲を切り抜いた動画となっている。

Kis-My-Ft2(6位)

『Kis-My-Ft2』の新曲「Sweet Melody」の公式ミュージックビデオが6位にランクイン。

5月12日公開予定の「おとななじみ」は、大ヒット漫画が実写映画化されることで注目を集めている。そんな「おとななじみ」の主題歌として、『Kis-My-Ft2』の「Sweet Melody」が起用された。

ミュージックビデオには映画初主演を務める人気ジャニーズJr.『HiHi Jets』のリーダー「井上瑞稀」が出演しており、「HiHiJetsのリーダーの初主演映画の人生に1回しかない主題歌がKis-My-Ft2で良かった。」などと『HiHi Jets』のファンからのコメントも多く集まっている。

SixTONES(7位)

7位にランクインしたのは「CDTV ライブ! ライブ!」で放送された『SixTONES』のパフォーマンス動画「ABARERO」。

4月17日に放送された「CDTV ライブ! ライブ!」に『SixTONES』が登場し、個性あふれる演出で「ABARERO」を披露。激しい演出ながらもハンドマイクを持ちパフォーマンスする姿が話題を呼んだ。

他のグループとは違った彼ら独特の雰囲気を体感できる本動画は、2023.5.29(月)19:00までの期間限定公開となっている。

THE FIRST TAKE(8位,9位)

香港の12人組ボーイズグループ『MIRROR』より「Jer Lau」と「Jeremy Lee」が「Stellar Moments of Humankind 人類群星閃耀時」を披露した動画が8位にランクイン。

「Jer Lau」と「Jeremy Lee」が所属する『MIRROR』は、2018年11月3日にデビューし、グループ名には”鏡のように無限の可能性を見せる”という意味が込められている。

原曲とは異なるアコースティックアレンジで楽曲を披露したメンバー「Jeremy Lee」は「皆さんにもっとMIRRORのことを知ってもらいたいですし、私たちの歌声で力を与えられたら嬉しいです。」とコメント。ファンからも彼らのパフォーマンスに対する熱いコメントが多数寄せられている。

9位にランクインしたのは、「ヤングスキニー」による「世界が僕を嫌いになっても」一発撮りパフォーマンス動画。

今人気急上昇中のバンド「ヤングスキニー」が『THE FIRST TAKE』で「世界が僕を嫌いになっても」を披露。「この曲が無かったら多分僕はバンドを始めていなかった」と語るボーカル「かやゆー」。曲が始まると、心地の良い歌声で本楽曲を歌う。

楽曲「本当はね」がTikTokを中心に大流行し、今年2月にメジャーデビューを果たした彼らに注目が集まる。

莉犬くん【すとぷり】(10位)

「すとぷり」メンバーの「莉犬くん」による「Subtitle」カバー動画が10位にランクイン。

動画配信サイトで活躍中の6人組エンタメユニットのメンバー「莉犬くん」が「Official髭男dism」の「Subtitle」をカバーした。

儚く切ない本楽曲が、優しい「莉犬くん」の歌声とマッチしており、「切なくて優しい歌声」「音の強弱や表現力ほんとに素敵です」などのコメントが集まった。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧