【YouTubeランキング】週間動画再生数~佐藤健・竹原TV2週連続/ヒカキン×おろちんゆー4動画ランクイン~(9月12日)

By DigitalCreators編集部 / 2022年09月12日

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)【本編】0912

『ヒカキン』×『おろちんゆー』動画が4動画(1位:397万再生、3位:286万再生、8位:188万再生、9位:183万再生)がランクイン

2位(376万再生)の『竹原TV』では、『竹原慎二』のスパーリング姿が見られる動画、6位(213万再生)の『佐藤健』チャンネルでは、『千鳥ノブ』と『ONE OK ROCK』の『Taka』の自宅訪問動画がランクイン。

『竹原TV』『佐藤健』の2チャンネルが、先週に引き続き、TOP10入りを果たしている。

【本編動画再生数ランキングTOP20】

HikakinTV(1,9位)

生き物系YouTuberの『おろちんゆー』とのコラボ動画

巨大ナマズ釣りに挑戦しているが、一匹も捕獲することができず、挑戦は2日目に持ち越している。

2日目の挑戦では、捕獲場所を変え、釣りでアメリカナマズ捕獲に作戦変更をしている。

作戦変更が功を奏し、『ヒカキン』が、まさかの巨大スッポンを釣り上げている。なかなか見ないサイズのスッポンに、おろちんゆーも大興奮。そのすぐ後には、お目当ての巨大ナマズも釣り上げている。

おろちんゆーもナマズを釣ったが、赤ちゃんサイズのナマズで、巨大サイズを釣り上げた『ヒカキン』は流石としか言いようがない。

生き物系YouTuberの『おろちんゆー』とのコラボ動画の2本目

『ヒカキン』の代名詞でもある「ビートボックスゲーム」を行っている。

竹原テレビ(2位)

先週に引き続き「喧嘩自慢」の若者たちとスパーリングをしている動画が2位にランクイン。

最終的には、『竹原慎二』本人が相手をしており、若者に本気でぶつかっている。

今回、所属している選手とスパーリングをした若者は「命かけてる人間と遊びでやってる人間だと差が凄い」と実感している

おろちんゆー(3,8位)

『Hikakin TV』とのコラボ動画。

『Hikakin TV』では、巨大ナマズの捕獲に挑戦しているが、おろちんゆー側では、ウツボ釣りに挑戦している。

ナマズ捕獲企画の際、YouTubeの神である『ヒカキン』を前に、成果を上げられず、プレッシャーがかかっており、緊張しているおろちんゆーにも注目である。

無事釣り上げ、『ヒカキン』の自宅で塩焼きにしして食しているが、調理シーンも楽しそうな2人の雰囲気がわかる動画になっている。

『ヒカキン』といえば…ビートボックス。

そんな『ヒカキン』にビートボックスゲームを挑んでいる。『ヒカキン』は“おろちんゆー”を入れた粋なフレーズを仕掛けるなど、今回のコラボで、仲を深めた様子がわかる。

東海オンエア(4,7,16,20位)

47都道府県のカップラーメンを食べ尽くす企画

1人7種類をノルマにスタートするが、『りょう』『虫眼鏡』『としみつ』が早めにお腹いっぱいを宣言する中、『てつや』はノルマを超えて食べ進める。最終的には、全47種類を完食し、ある種の達成感を味わえる動画になっている。

さらに、普段は目にすることのないカップラーメンもあり、旅行の際には探してみたくなる動画。

東海オンエアの定期的に訪れる、“独自の謎な概念”を用いた検証動画。

体力の使用配分を上手に見極めるのは誰かを決める検証で、上手い人から検証実験から抜けられる。

一抜けは『としみつ』だったが、1時間撮影に遅刻し、最初に帰宅することになったため、としみつ自身も戸惑っている姿が面白い。

プロと素人の違いを当てるゲーム。解答者は、『りょう』と『虫眼鏡』で、“指圧マッサージ”、“コーヒードリップ”、“美容院”でのシャンプーの3つのジャンルでクイズを実施。

その道のプロ1人と素人枠で、『としみつ』と『ゆめまる』が参加している。

最終問題だったシャンプーは、両者とも不正解となり、担当した美容師は「もうシャンプーは絶対しない!」と拗ねる姿勢を見せ、笑いを誘っている。

20位にランクインしたのは「クソフラッシュ因数分解」という『しばゆー』の持込み企画

動画冒頭から“しばゆー企画”ということでメンバー全員が不安感を募らせており、第1問から意味不明すぎて、戸惑うメンバーの姿が面白い。

その割に、名推理を連発し、正解していくメンバーに、視聴者からは「クイズとして成り立ったのに満足いってない柴田と、柴田理解力があまりにも高い解答者たちの温度差おもろすぎる」「こっちは全然わかんなかったのにてつとしりょうは普通に全て理解してめちゃくちゃ正解しちゃうの長年の絆凄いなあ」などと、投稿が寄せられている。

Vaundy(5位)

『Vaundy』自身が監督を務め、『菅田将暉』が出演している新曲PVが5位にランクイン。

『Vaundy』は自身最大規模となるアリーナツアーを、2023年11月2024年1月にかけて実施することも発表している。

佐藤 健 / Satoh Takeru(6位)

『ONE OK ROCK』の『Taka』 の自宅で手料理を振る舞ってもらっている動画。市販のルーを使わずに、こだわって作ったカレーを振る舞っている。

一口食べた『千鳥ノブ』は思わず両手を上げてガッツポーズし、歌やめえ!と言う程。『佐藤健』も「尊敬する」「結婚してくれ」とこぼしている。

作るのが大変なため、佐藤健の誕生日などに振る舞ってきたそうで、『佐藤健』も「生まれてきてから食べた物の中で一番好きな食べ物」と話している。

『ノブ』と『Taka』と初披露のプライベート話も動画の終盤で披露している。

スカイピース(10位)

 

『スカイピース』が初のTOP10入りを果たした動画は「じんたん」の“新居ルームツアー”

『青春しゅわしゅわクラブ』の『まあたそ』『かす』を連れて、超高級タワーマンションのルームツアーを行うが、『じんたん』が引っ越したマンションは『テオ』と『かす』と同じマンションで、2人が驚きつつ、嬉しさが溢れているシーンは、視聴者としても和むシーンである。

Fischer’s-フィッシャーズ-(11,19位)

8月24日で、メインチャンネルが10周年を迎えた『フィッシャーズ』の“ご報告動画”が11位にランクイン。

久しぶりにメンバー全員が集合しているが、メンバーの『ダーマ』が仕事を辞め、“YouTuber”として活動していくことを報告している。

『フィッシャーズ』定番の“大食い企画”が19位にランクイン。

今まで“ダーツ”“トランプ”“サイコロ”と大食いを掛け合わせた企画を行ってきたが、今回は「ボーリング×大食い」に挑戦している。『シルク・モトキ』vs『ンダホ・ザカオ』チームに別れ、「野菜vs肉」と食べる食材もチームによって変更し、どちらの方が食べられるのかを検証していく。

シンプルに友達とボーリングを楽しんでいる姿にも注目である。

コムドット(12.13位)

メンバー『ひゅうが』をいろいろな人気YouTuberに貸し出した企画。

『エスポワール』『加藤乃愛』『きりまる』『カジサック』『ちびみらん』『ロードシルク』『PKA Channel』『むくえなちっく』『もーりー【アホと弟】』『タケヤキ翔』『パパラピーズ』の、総勢11組とのコラボ動画をやり遂げている。

2022年9月3日に開催された『東京ガールズコレクション』の裏側密着動画を公開。

『あむぎり』『浦田』が遅刻してくるところから動画は始まっているが、今回の『東京ガールズコレクション』では、登場する際にメインステージからではなく、アリーナから登場する演出を実施しており、実際に当日はさまざまなネットニュースで取り上げられ、話題となっている。

また、ステージ上でフジテレビで自身初となる冠番組『コムドットって何?』が決定したことを発表している。

THE FIRST TAKE(14位)

グローバルガールズグループ『Kep1er(ケプラー)』が、前回話題になった『WA DA DA (Japanese ver.)』に続いて『Wing Wing』を披露。バンドアレンジされた音源に乗せて、抜群の歌唱力を見せた。コメント欄では、日本人メンバー「Hikaru」「Mashiro」以外のメンバーの日本語の発音の綺麗さに驚く声が多く寄せられている。

平成フラミンゴ(15位)

沖縄旅行の続編動画が15位にランクイン。

今回は“マリンアクティビティ”に挑戦しているが、何よりサムネが衝撃的である。

全力で“マリンアクティビティ”を楽しんでいる姿は、視聴者も一緒に旅行に行って楽しんでいる気持ちを味わえる。

コレコレチャンネル KoreTube(17位)

コレコレの生配信動画。前半は、先日逮捕された迷惑系YouTuber『しんやっちょ』について、彼のこれまでの経歴と『レペゼン地球』をはじめとする著名人への迷惑行為、逮捕に至るまでの経緯について説明している。

後半は、怪しい副業勧誘に潜入し、「先生」と呼ばれる人物と会議通話で口論する内容。30万円を払えと話す「先生」に対して、コレコレが論破する様子が面白い。

【ショート動画再生数ランキングTOP10】

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)【ショート】0912

10動画中、上位5動画が『BayashiTV』と無双状態となっている。

TOP10入り常連の『Saito さいとう』は2動画ランクインしているが、『ISSEI』『じゅんや』『Sagawa』がTOP10入りしていない。

また、『【登録者5万人目標】せっく🍣☀️』が初のTOP10入りを果たしている。

【全動画再生数TOP10ランキング】

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)【全動画】0912

全動画対象でも、10動画中、5動画が『BayashiTV』がランクインしている。

『ONE PIECE公式YouTubeチャンネル』や『FNNプライムオンライン』などのメディアチャンネルもTOP10入りしている。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧