令和の虎、BD戦士が参戦も、ビジネスが「破綻している」と痛烈な一撃!魅力ある人柄で”完全ALL”果たし、視聴者応援

By kazu / 2024年02月09日

ビジネス系リアリティ企画”Tiger Funding“で人気を集める『令和の虎channel』。
その”本家版”が動画を更新し、526人目の志願者を迎えた。

“BD”戦士が文字通り殴り込み?

応募してきた志願者のビジネスプランを、「虎」とよばれる敏腕経営者たちが品定めするリアリティ企画・”Tiger Funding”が人気の本チャンネル。
昨年10月にチャンネル登録者数100万人を突破して以降も順調に知名度を高め、その数字は111万人にまで伸びている。

また、本来2本 or 3本立てで展開していたTiger Fundingを、直近では1本流しで公開。
視聴者の反応がいいのか、この形態がメインとなりつつある。

今回の動画では、『朝倉未来』が展開する総合格闘技イベント・Breaking Down戦士の『ほっそん』が登場。
1分間で全力を出し切るイベントに影響を受けたのか、「1分間ボクシングフィットネスで意味のあるジムを広めたい」というプランをもちこんだ。

高校在学中にプロボクサーになって以降、世界ランキング3位に輝くなど凄まじい実績を持つほっそん。
自身のパーソナルジム・Breaking Down戦士としての経験を、ビジネスにつなげていきたい考えのようだ。

三方良しのプランも、利益面が…

話し下手なこともあり、虎の面々や司会の『バン仲村』からも「(資料を)読め!」と指摘されるほっそん。
しかしその想いは本物で、1分間であれば効率よく、かつ一気に汗を流すため満足度の高いトレーニングができると考えているようだ。

ムエタイでチャンピオンの経験がある虎の『安藤功一郎』とのスパーリングでもその効果を実証。
自身の後輩のセカンドキャリアとしても活用できるように、自分・後輩・客の三方良しなプランとして検討できるとした。

また、彼のジムに通い、半身不随から回復を見せた人物も登場。
短時間集中型の運動の効果を見せ、虎の面々からの共感を受けた。

しかし、利益の面では「破綻している」とし、虎の面々は一気に詰めたてる。
ほっそんも「虎の皆さんに考えていただきたい」と話し、プラン全体の改善に取り組む意欲を示した。

最後のひとことは「ラストテイスト」

最後の”Last Statement(最後のひとこと)”を「ラストテイスト」と勘違いするなど、勉強面は苦手ながらも愛嬌ある様子を見せたほっそん。
アイデア自体は虎たちも「面白い」と評価しており、格闘家としての知見も持つ安藤が全額出資を表明。

「格闘家のセカンドキャリアを応援したい思いで出資する」という安藤に対し、ほっそんが「それで700万円出るんですか?」と反応。
「お前が驚くなよ」とバン仲村にツッコまれる一節もありつつ、見事「完全ALL(全額出資)」となった。

人柄で勝ち取ったといっても過言ではないプランだが、視聴者からの反応は良く、

安藤さんスポーツ版に出てるだけあって、スポーツ選手のセカンドキャリアに共感してるの素晴らしいし、バンさんのサポートもよかったです。

やっぱり人柄って大事だなー。
この短時間の動画でもほっそんさんが愛される理由が見受けられるきがします!

ビジネスの収支が崩壊してるだけで、1分フィットネスっていうのはめちゃくちゃキャッチーでやりたいと思ったし、何より人柄が良すぎる。
成功してほしい。

等のコメントがみられている。

その他の『令和の虎channel』の記事はこちらから!

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧