YouTube発表年間ランキング【国内トップ音楽動画】~セカオワ1位/Ado圧巻の4本ランクイン(2022年)

By DigitalCreators編集部 / 2022年12月06日

 YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)【音楽】20221206YouTubeが12月6日に実施したYTFF(YouTube FanFest)で発表した、国内トップ音楽動画年間ランキングTOP10を発表。

なお、本ランキングは、音楽動画やショート動画や予告編を除いた動画が対象で、単純な再生数ランキングではなく、再生や評価、シェアの数などを元に様々な要素で算出されています。また、再生数は、有料の再生数や関連動画からの再生数は除かれているとのことです。(Google発表資料より)

1位は、『SEKAI NO OWARI』。TikTokなどのSNSを中心に大きな人気を博した楽曲『Habit』のMVが、1億再生回数を突破している。

2位は『Ado』。興行収入が180億円を突破し、全世界で人気を集めた映画『ONE PIECE FILM RED』。同作品の主題歌『新時代』ランクインした。『Ado』は、このほか劇中歌の動画が3本(5,6,8位)ランクインしており、飛躍の年となったのではないか。

さらに、3位を獲得した『Official髭男dism』は、人気アニメ『SPY×FAMILY』の主題歌『ミックスナッツ』のMVがランクインしている。

ジャニーズ勢では唯一『Snow Man』が、メンバー主演映画『おそ松さん』主題歌『ブラザービート』のMVで、4位にランクインしている。

YouTube発表 国内トップ音楽動画 年間ランキング

SEKAI NO OWARI(1位)

『SEKAI NO OWARI』の『Habit』のMVが1位を獲得。「国内トップトレンド動画ランキング」では、本作品を完全再現した『ヒカキン』が1位を獲得しており、この楽曲が今年大きな人気を集めたことが伺える。

本楽曲は、映画『ホリック xxxHOLiC』の主題歌で、中毒性のあるリズムと強烈な歌詞、MVでのコミカルなダンスが注目を集めていた。TikTokなどのSNSを中心に大きな人気を博した。

楽曲タイトルである「Habit」の通り、人間が持つ分類したがる“習性”に対して、「自分で自分を分類するなよ、壊してみせろよその Bad Habit」と刺々しくも若者の背中を押す歌詞となっている。MVでは、教室でキレキレのダンスを見せるボーカル『Fukase』が印象的。この撮影のためにダンスレッスンに励んだという。中毒性の高いメロディーとコミカルなダンスが話題を呼んだ。

Ado(2,5,6,8位)

今年8月に公開され、国内外問わず大きな注目を集めた映画『ONE PIECE FILM RED』。その主題歌である『Ado』の『新時代』のMVが、映画公開に先駆けて6月に公開され、話題となった。

本楽曲を手掛けたのは、『perfume』や『きゃりーぱみゅぱみゅ』などで知られる『中田ヤスタカ』。MVは映画とは異なる作画アニメーション映像となっており、アニメーターの『hmng』が手がけた。

劇中で歌姫として描かれる「ウタ」の歌唱シーンを全て務めた『Ado』。パワフルでソウルフルな歌声と、キャッチーで疾走感のある楽曲が『ONE PIECE』の壮大な世界観を連想させる。現在9,606万再生を誇っており(12月6日時点)、今年を代表する楽曲の一つとなった。

映画『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌である『逆光』が5位にランクイン。

本楽曲は、『東京フラッシュ』『踊り子』など、幅広いジャンルの音楽をコンスタントに生み出し、若い世代からの絶大な人気を誇る『Vaundy』が担当。荒々しいロックなサウンドで、劇中の『ウタ』の葛藤を表しているような楽曲になっている。

『新時代』で見せた爽やかではつらつとした歌声とは一転、響く低音やがなりが印象的な『Ado』の声に魅了される。アニメーション映像は、イラスト・漫画家の『so品』が手がけている。現在5,793万再生を記録している(12月6日時点)。

5位にランクインした『逆光』と同じく、映画『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌『ウタカタララバイ』が、6位にランクイン。本楽曲は、パワフルでクールな『Ado』の歌声と高い歌唱力が存分に発揮された一曲。

手がけたのは、キャッチーでメロディアスなトラックに乗せたトリッキーなラップが印象的な、新進気鋭のアーティスト『FAKE TYPE』。声質は“がなり”から透き通った“ハイトーン”まで幅広く含まれており、メロディアスに歌い上げる部分もあれば、ラップで格好良く決める部分もあり、1曲でたっぷりと楽しめる楽曲に仕上がっている。現在4,852万再生を達成(12月6日時点)

5,6位に続いて、映画『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌『私は最強』が8位にランクイン。

本楽曲を手がけたのは、『Mrs. GREEN APPLE』。彼ららしさ全開のキャッチーでポップなメロディーが印象的な楽曲となっている。ボーカル『大森元貴』の歌い方を思わせるような、『Ado』の伸びのあるハイトーンボイスが魅力的。アニメーション映像を手がけたのは、『YOASOBI』の代表曲『夜に駆ける』など、様々な話題作を手掛けるアニメーション作家『藍にいな』担当した。映像では、カラフルで独特な世界観が堪能できる。現在4,383万再生を記録している(12月6日時点)

Official髭男dism(3位)

『Official髭男dism』の『ミックスナッツ』が3位にランクイン。本楽曲は人気アニメ『SPY×FAMILY』の主題歌。同作品のオープニングアニメ映像が、「国内トップトレンド動画ランキング」で9位にランクインしている。

「ミックスナッツ」はアニメの人気キャラクター『アーニャ』の大好物。本楽曲では、劇中で素性を偽りながら家族となるキャラクターたちの状況を、色々なナッツが共存する「ミックスナッツ」に喩えているほか、さまざまなメッセージが含まれた楽曲。深みのあるメッセージ性の強い歌詞とは裏腹に、ポップでキャッチーな疾走感のあるメロディーが印象的。

MV映像では、不思議な館で少女と家族が出会うハラハラドキドキとしたドタバタ劇が描かれている。

Snow Man(4位)

『Snow Man』の『ブラザービート』が4位にランクイン。本楽曲は、『Snow Man』が出演している映画『おそ松さん』の主題歌。

ポップなパーティーチューンで、コメディである本作品にマッチした明るくて賑やかな楽曲となっている。普段アクロバットやシンクロしたクールなダンスパフォーマンスが多い彼らだが、本作品ではこれまであまり見られなかった、どこかおどけたわちゃわちゃとした様子が楽しめる。
MV映像では、カラフルなセットと衣装に身を包んだ姿と、モノトーンを基調としたセットでスーツを着ている姿の2つが楽しめるポップな仕上がりになっている。

Kep1er(7位)

日中韓サバイバルオーディション番組、『Girls Planet 999』(ガルプラ)を経て誕生したグローバル・ガールズグループ『Kep1er(ケプラー)』。そのデビュー曲『WA DA DA』のMVが7位にランクイン。

クールなEDM調から、ラブリーでキャッチーなサウンドへ突然変化するギャップが印象的な楽曲。サビの部分で「WA DA DA  WA DA DA」と繰り返されており、頭から離れない中毒性の高いサウンドが印象的。MVでは、メンバーたちの高いパフォーマンススキルを堪能できる。

Kenshi Yonezu 米津玄師(9位)

『米津玄師』の『M八七』が9位にランクイン。本楽曲は、『庵野秀明』企画・脚本『樋口真嗣』監督の映画「シン・ウルトラマン」の主題歌。

深みのある力強い歌声が響き渡る、細かな転調が印象的な楽曲。2022年5月19日の『音楽ナタリー』でのインタビューで、楽曲に込めたメッセージについて聞かれた際には、

本当に譲りたくないものは絶対に明け渡すな、ということですね。もちろん社会で生きていくためにはある種の妥協が必要だし、いろんなものと折り合いをつけていかなければならないとは思うんです。でも、本当に譲りたくないものは、一切譲る必要がない。それを明け渡した瞬間に自分の人生がぐちゃぐちゃになってしまう。それがどういうものかは人それぞれ違うことなんで、一概には言えないですけれど、その範囲がどこにあるのかを自分の人生を振り返って考えてみてほしい。

と語っており、作品と楽曲に込められた熱い想いに触れることができる。

King Gnu official YouTube channel (10位)

『King Gnu』の楽曲『カメレオン』のMVが10位にランクイン。本楽曲は、『菅田将暉』主演ドラマ「ミステリと言う勿れ」の主題歌。

幻想的で切なくも暖かいメロディーと、透き通ったボーカル『井口理』の歌声が印象的な楽曲。

MVは『King Gnu』としては初の全編フルCG作品となっており、監督は「PERIMETRON」の『OSRIN』が務めた。人形を使った短編アニメーションのような構成で、楽曲にあった神秘的な世界観が演出されている。

人気記事

新着記事

タグ一覧