ボカロPサツキ、メズマライザーが5000万再生越え!Snow Man、ラウール主演映画主題歌が人気!米津玄師、連ドラ主題歌に注目!XG、ミセスも!【3ヶ月YouTube総合ランキング】

By hima / 2024年07月03日

今回は、2024年4月1日~6月30日までにYouTubeで公開された動画の再生ランキングTOP10を公開。(7月3日集計)

1位にランクインしたのは、『サツキ』(5341万再生)大人気ボカロPの「サツキ」が作曲し、 ボーカロイドに「初音ミク」と「重音テト」が歌う楽曲『メズマライザー』の公式MVが人気を集めている。

2位にランクインしたのは、『Snow Man』(3561万再生)9人組男性アイドルグループ「Snow Man」の「BREAKOUT」公式ミュージックビデオである。

3位にランクインしたのは、『Kenshi Yonezu 米津玄師』(3407万再生)4月スタートの連続テレビ小説「虎に翼」の主題歌である『Kenshi Yonezu 米津玄師』の「さよーならまたいつか!」の公式ミュージックビデオである。

ランキング全体では、1位から10位までを音楽動画が占めており、YouTube動画の中でも特に人気の高い分野であることが伺える。

サツキ(1位)

大人気ボカロPの「サツキ」が作曲し、 ボーカロイドに「初音ミク」と「重音テト」が歌う楽曲『メズマライザー』の公式MVが断トツで首位を獲得。

2019年に活動を開始したボカロPサツキによる。独特の歌詞とサウンドメイクで唯一無二の世界観を確立している彼が大人気ボーカロイドの初音ミクと重音テトを起用した楽曲「メズマライザー」のMVが5000万再生を越え、世界中から注目を集めている。

本MVには、様々な考察が飛び交っており、その奥深さが多くの人を魅了している。重音が「助けて」という手話を送っていたり、助けを求めるハンドサインをするなど、気になる要素が盛り沢山である。さらに、タイトルの「メズマライザー」とは、催眠術師を意味する英単語であり、そこに関しても謎が残るままである。

コメント欄では、

みんなテトさんの助けての【サイン】には目がいくのに「誰か助けてね」ていう直接的な助けの歌詞には目がいかないの催眠にかかって普通のことが分からないみたいになってて好き

これ催眠にかけられてんじゃなくて、自分に催眠かけてるのを解かれてるんだ… 自分で自分を騙してなんとかかんとかやってるのに強制解除されてミクさんはダメになっちゃったのな

SOSが出せるテトは壊れなくて最後まで元気そうなミクが壊れるのリアルやなって…

など、ファンが自分たちの考察を共有して楽しんでいる。

Snow Man(2位)

2位にランクインしたのは、9人組男性アイドルグループ「Snow Man」の「BREAKOUT」公式ミュージックビデオ。

本楽曲はメンバーのラウールが主演を務める映画「赤羽骨子のボディガード」の主題歌である。本MVは「9人のヒーロー」をテーマにしており、9人それぞれがヒーロー属性を持っている。炎を扱う岩本、岩を出現させる向井、氷柱を繰り出す宮舘など、まるでヒーローのようなメンバーたち。さらに、ダンスシーンでは、白と赤を基調にした衣装を身にまといキレキレのダンスを披露する。

本楽曲が主題歌に起用されている映画「赤羽骨子のボディガード」は8月2日金曜日に公開予定である。

コメント欄には、

ファンの皆さん、 このグループって曲出す度 全盛期迎えるんですか?!

こんなに全員が主人公級なグループってあります!!??? 9人全員が個性がバラバラだけど9人が横一列に並んだ時の 爆発力がいつも凄いと思ってます

「普段はバラバラな場所にいるけど、誰かがピンチになったら秒で集結するヒーロー」感強くて大好き

など、本MVに対する絶賛の声が集まった。

Kenshi Yonezu 米津玄師(3位)

4月スタートの連続テレビ小説「虎に翼」の主題歌である『Kenshi Yonezu 米津玄師』の「さよーならまたいつか!」の公式ミュージックビデオが3位にランクイン。

『Kenshi Yonezu 米津玄師』の「さよーならまたいつか!」は、連続テレビ小説の主題歌に起用されている。ドラマは、女優の伊藤沙莉が演じる猪爪寅子が女性弁護士として奮闘する物語である。女性の活躍が珍しかった時代に、時代に抗う姿が描かれている。今回、主題歌を担当する『米津玄師』は、毎朝聴けるような爽やかさを持ちながらも、女性へのエールソングにならないように注意を払ったという。

歌詞の「口の中はたと血が滲んで / 空に唾を吐く」や「人が宜う地獄の先にこそ / 私は春を見る」といったフレーズは、寅子の力強さとキレ、そしてつらくて悔しい心情を表現している。米津は、ドラマで直接描かれていないカラーを歌詞を通じて見事に表現している。

本MVでは、全身赤色の衣装を身にまとった米津がネオンの輝くダイナーに座っており、その周りでは多くの人が窓を割ったり、椅子や机を壊すシーンから始まる。また、「逆再生」の手法がとられており、米津がダイナーに着くまでの道のりを逆再生で見ることができる。

なお対象は、企業公式チャンネルやニュース動画を除く、1分以上の動画(切り抜きチャンネルを除く)。※データ集計は7月3日で、広告による再生数も含まれる可能性があります。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧