1位は『よにのちゃんねる』!フリック入力対決で慣れない山田が奮闘する様子に注目が集まる!『エガちゃんねる』、とある会社から感謝状が届く…?『中尾明慶のきつねさーん』新居水浸し事件も【週間芸能人人気動画】

By TS / 2024年07月11日

今回は、6月30日〜7月6日にYouTubeで公開された芸能人動画の再生数ランキングTOP10を発表。(7月7日集計)

1位には『よにのちゃんねる』がランクイン。4人の中で唯一、フリック入力を使用していないという山田が、フリック入力を普段から使っている二宮、菊池、中丸と入力スピード対決をする様子が公開された。

2位は『エガちゃんねる EGA-CHANNEL』。とある会社からの感謝状が届き、嬉しさを見せる江頭。同梱されていた、ある商品を大絶賛した。

3位は、『中尾明慶のきつねさーん』。最近引っ越しをしたばかりだそうだが、洗面所の水を出しっぱなしにしてしまい床が水浸しに。出張中の妻・仲里依紗にバレないよう隠蔽したり、息子のトカゲ君と親子水入らずの時間を過ごしたりする日常動画である。

 

よにのちゃんねる(1位)

1位には『よにのちゃんねる』がランクイン。以前のドライブ動画で、山田がフリック入力をせずに、通称タプタプ入力をしているという事実が発覚したということで、この動画ではフリック入力とタプタプ入力で勝負をするという展開に。

山田以外の二宮、中丸、菊池は全員フリック入力を使用しているということで、山田がフリック入力を使う3人のうち、1人でも勝つことができたら残りの3人が罰ゲームをするというルールに設定。LINEで送信された文をそのまま写すスピードを競うゲームだ。

1回戦目は山田が自身のグループ名の表記を誤り、敗退。2回戦目は顔文字も導入されて難しくなる。一番強いとされていた菊池に勝って、嬉しそうな山田だったが、顔文字表記を間違っていたことで負けという展開に。

戦いは続き、フリック入力の中でもスピードの遅い二宮と中丸のサドンデスに。二宮の打ち間違えにより、山田の勝利。「フリックに勝ったー!」と嬉しそうな山田であった。最終的には「元も子もないこと言っていいですか。フリックは速い」とフリックの速さを認めた山田であった。

エガちゃんねる EGA-CHANNEL(2位)

2位には『エガちゃんねる EGA-CHANNEL』がランクイン。

突然、「ある会社から荷物が届いた」ということで、事務所に呼び出されたという江頭。その会社の名前は『ファミリーマート』。「何だろう」とワクワクした表情でダンボールを開ける。

その中身はなんと「感謝状」。以前、コラボ商品のポテトチップスやステッカーを発売し大好評だったという結果から、この感謝状が贈られたという。嬉しさを全身で表現する江頭。「社長も認めたってことじゃない?」と笑顔を見せた。手紙もどうふうされていて、大好評だったコラボポテトテップスの再々販が決定したことや、社員おすすめの商品も同梱されているという内容が書かれていた。

社員おすすめ商品は、大人気生コッペパンシリーズの「白生コッペパン カスタード&ホイップ」。感謝状をもらったという事実はあるものの、商品の評価は忖度なくする、という江頭だったが、食べた瞬間「言うことなし。美味すぎる」と大絶賛。「やらせ疑惑でるなぁ。癒着なしですからね」と正直に話した。

『中尾明慶のきつねさーん』(3位)

3位は『中尾明慶のきつねさーん』がランクイン。

俳優であり父・中尾明慶と、息子の“トカゲ君”の留守番記録を収めた動画。

中尾が「事件が起きた!今日」と顔を顰めるところから幕を開ける。どうやら、魚を釣るときに使うルアーを洗面台で洗浄中、他の作業をしていたら水を出しっぱなしにしていたことを忘れてしまったそうだ。

浴室は床中水浸し。中尾は急いで拭いたと言うが、それでも乾き切らず部屋ごと乾燥させることに。洗面所はスチームサウナのような暑さになってしまった。

洗面所を離れ、疲れた顔でソファーに座る中尾。「でも、バレないんです」と得意げに話しているのは、妻の仲里依紗が大阪に出張中だからであった。

「あぶね〜」と言いながら、彼と小学生の息子、“トカゲ君”の「男2人で留守番シリーズ」を撮影することに。

父に10回ほど「健康診断の紙を持ち帰ってきなさい」と言われるも持ち帰らず「なんか忘れちゃう、、」と話すトカゲ君の様子や、「宿題はあるの?」という問いに「はい??」と返す様子には親子らしさを感じた。トカゲ君は以前、動画で父のことを「宿題おばけ」と呼んでいたこともあるそうだ。

無事に宿題を終えた後は、2人でお揃いのスニーカーを開封。そして焼肉屋に訪れ、好きな芸能人について語り合うなど非常に仲の良い様子を確認することができた。

トカゲ君があってみたい芸能人ランキング1位は、YouTuberの『そば湯』だそうだ。

 

なお対象は、企業公式チャンネルやニュース動画を除く、1分以上の動画(切り抜きチャンネルを除く)。※データ集計は7月7日で、広告による再生数も含まれる可能性があります。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧