【YouTubeランキング】週間動画再生数<芸能人>~ぺこ元夫婦近況報告/ジャにのバレンタイン/なにわ男子旅行動画~(2月13日)

By DigitalCreators編集部 / 2023年02月16日

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)芸能人0213

2月6日〜2月12日に芸能人の公式YouTubeチャンネルで公開された動画週間再生数ランキングTOP20を発表。尚、芸能人チャンネルとは、芸能人だけでなく、文化人・政治家などYouTube以外で活躍されている方が運営するチャンネルを対象とする。

1位にランクインしたのは『Peco Channel』(255万再生)。去年8月に離婚や自身の性自認にカミングアウトをし、議論を巻き起こした『りゅうちぇる』と、騒動以来の共演動画となっており、自分たちの近況や現状を報告したことで大きな話題を集めた。

2位にランクインしたのは『ジャにのちゃんねる』(130万再生)。バレンタインデーが近いという事でチョコレート菓子を作るジャにのメンバーの3人の様子を映した動画が人気となった。同チャンネルからは他にも13位に動画がランクインしている(69万再生)。

3位にランクインしたのは『仲里依紗です。』(124万再生)。自身が出演する初の時代劇となるNHK時代劇「大奥」の撮影様子に密着した動画が話題を呼んだ。

2位にランクインした『ジャにのちゃんねる』のほかにも、ジャニーズ関連では、4位に『Snow Man』(119万再生)、5位に『なにわ男子』(108万再生)、8位に『SixTONES』(80万再生)がランクインしており、多くの動画がTOP10入りを果たしている。

芸能人再生数ランキングTOP20

Peco Channel(1位)

2022年8月に離婚をした『ぺこ』と『りゅうちぇる』。そんな2人が離婚発表以来初めてYoutube上で共演した動画を公開した。

自身の性自認やLGBTQについてカミングアウトし、離婚を決断した『りゅうちぇる』そして『ぺこ』。色々な議論を巻き起こした一連の出来事について、改めて説明をするためにこの動画を撮っているという。

今まで離婚を発表してからお互いのことについて、SNS上などでノータッチでいたことが、週刊誌の記者やファンの方々の間で困惑や心配をかけてしまったことに対し謝罪する『ぺこ』。新たなスタートを切らせてくれた『ぺこ』。そして『りゅうちぇる』は周囲の人々に感謝の意を示し、「親としての義務」をこれからも果たしていくと語った。

2人の決意と覚悟を感じることが出来る動画に、コメント欄では

受け入れることは難しいのにほんとにすごいなって思ったし、りゅうちぇるもカミングアウトした勇気もほんとにすごいと思った。これからも応援してます。

影響力のある二人が二人でしか作れない家族の形を見せてくれることはとても大きいと思う

どうなってるのか気になってたけど、曝け出したくない部分は出さなくてもいいし、芸能人にも人権はあるし、と思うよ。でも、こうやって素直な気持ちを2人揃って語ってくれるのは嬉しいな。ぺこちゃんの寛容さ偉大さに尊敬します。りゅうちぇる可愛くなってる。応援してるよ。

といった、2人を応援する声が多く集まった。

ジャにのちゃんねる(2位)

『ジャにのちゃんねる』の『二宮和也』『菊池風磨』『中丸雄一』がバレンタインデーのチョコレート作りに挑戦する動画。

バレンタインデーのチョコレート菓子を作るために、スタジオに集まった3人。並べられた具材をそのまま無言で食べる様子に、テロップで「おまいら、うごけぇ~」とツッコミが入る。やっと動き出し、チョコクランチを作り始める。

レシピを確認しながら、チョコレートを湯煎したり、シリアルを砕いていったりとそれぞれが作業をこなしていく。しばらく経ってシリアルを砕き終え、チョコレートを湯煎していた『中丸雄一』の手元を確認すると、なんとお湯の中に直接チョコレートが入れられていた。思わず叫んでしまう『菊池風磨』や、横で笑ってしまっている『二宮和也』の様子が面白い。

和気あいあいとした雰囲気でお菓子作りに挑む3人の様子がとても癒される動画となっている。

仲里依紗です。(3位)

女優やモデルとして活躍する『仲里依紗』が自身初の時代劇となる『大奥』の撮影様子に密着した動画を公開した。

2023年1月10日から放送がスタートしているNHKドラマ10「大奥」。『仲里依紗』が演じているのは5代目将軍徳川綱吉である。

動画内では撮影前のメイク様子や、ごはん休憩の様子、実際の撮影風景を見ることが出来る。時代劇という舞台に合わせて、耳に空いているピアス穴を埋める作業など、細かいところまで妥協せずこだわられているのが分かる。

大掛かりなセットや衣装がとても煌びやかで、独特な雰囲気の舞台裏に密着した興味深い動画となっている。

Snow Man(4位)

『Snow Man』の『目黒蓮』『渡辺翔太』『佐久間大介』『阿部亮平』が人気一発撮りパフォーマンス「THE FIRST TAKE」を模した「ファーストプレゼン」という企画に挑戦する動画。

企画の内容は、誰でも一度は聞いたことがあるお題である言葉を聞いて10秒以内にプレゼン(説明)をしなければいけないというもの。全員の番が終わった後、誰が一番良いプレゼンをすることが出来たか判定する。

某一発撮りパフォーマンスのような雰囲気の動画構成と、役になりきる4人が面白い。お題が出されてとっさに10秒で説明しなければいけないということで、戸惑ってしまったり、語彙力が欠如したりしてしまう4人。焦ったり、笑ったりしながら「徳川家康」や「ラーメン」、「Bluetooth」、「キャンプ」といったお題を10秒でプレゼンしていく。見事ファーストプレゼン優勝となったのは上智大学卒の『阿部亮平』であった。

なにわ男子(5位)

男性アイドルグループ『なにわ男子』が福島県に訪れ、観光をする旅動画。

なんと事前に福島に行くことは伝えられておらず、突然東京駅に集合させられ、その場でチケットを見て福島県に行くことが判明したという『藤原丈一郎』。『道枝駿佑』が企画を説明していく。今回旅するのは福島~山形県を7人で観光するという。山形県尾花沢市にある銀山温泉を目指して車を発進させる。

目的地までの社内では、「道枝駿祐王」という道枝駿祐に関するクイズに他メンバーが応えていくゲーム企画が開催される。優勝者には途中に寄る道の駅でなにか奢ってくれるのだという。『道枝駿祐』が憧れている先輩や、モーニングルーティン、ブログを書いた回数などが出題された。

道の駅での買い物を終え、動画はご飯タイムに入る所で終了する。続きが気になる動画となってる。

Hiromi factory チャンネル(6,10位)

タレントとして活躍する『ヒロミ』が『木梨憲武』と『所ジョージ』の「世田谷ベース」にて集合し、談笑している動画が6位にランクイン。

車を走らせ、世田谷ベースに向かう『ヒロミ』。到着すると、『所ジョージ』や『木梨憲武』だけでなく『片桐仁』や『やついいちろう』、『今立進』などが集合しており、にぎやかな様子である。世田谷ベースを探検すると、『所ジョージ』が収集した様々な遊び道具を観察し、「以前よりものが増えている」とコメントした。

YouTubeの規程変更により、全ての動画に広告がつくようになった件で、自身のYouTubeチャンネル(「SETAGAYA BASE工作部」)を閉鎖した所の「世田谷ベース」を楽しめる貴重な動画であり、自由気ままな大物芸能人たちのにぎやかな様子が見ることが出来る動画となっている。(「所さんの97ちゃんねる」は継続中)

httpv://www.youtube.com/watch?v=O58fjqy–4o

『ヒロミ』の料理動画シリーズで、豚汁を作る回が10位にランクイン。

まずはピーラーや包丁を使って、野菜を切っていく。なんでも器用にこなす『ヒロミ』が、最新の便利キッチングッズで大根を剝こうとして苦戦している様子も楽しめる。綺麗なイチョウ切りにしたり、半月切りにしていく。大根やゴボウ、ニンジン、シイタケなど具沢山な豚汁になる様子。初めて作った豚汁を妻の『松本伊代』と食べていく。『ヒロミ』が作った豚汁を美味しそうに食べる2人がとても微笑ましい。

エガちゃんねる EGA-CHANNEL(7位)

お笑い芸人『江頭2:50』が40年ぶりに本気でボウリングに挑戦する動画。

40年前は大学生の先輩とボウリングをプレイしていたという『江頭2:50』。当時の最高スコアは200だという。そんな江頭が、ブリーフ団と対決していく動画である。

楽勝に勝てると豪語する江頭。余裕を見せる江頭に対して、負けた場合の罰ゲームが追加された。その内容は「負けた方が相手のいう事を1日きく」というもの。

早速、試合開始となるが、なんと江頭の初球はガター。2球目もピンを5本のみ倒すという結果に。

ブリーフ団もガターを投げたり、3本のみ倒すというポンコツぶり。なかなかスコアが伸びない両者に絶秒な空気が流れる。すると3フレームを終えた頃に、助っ人として、アナウンサーとして活躍し、ボーリングが趣味だという『大熊英司』が呼ばれ、ブリーフ団側で参戦した。

結果はブリーフ団の勝利。罰ゲームの方はまた改めての発表となるらしい。

SixTONES(8位)

アイドルグループ『SixTONES』の5人が、メンバーの1人である『京本大我』が色々な種目に挑戦したその結果を予想する「京本大我チャレンジ」に挑戦する企画動画。

まず『京本大我』が挑戦するのは「一輪車で何m走れるか」チャレンジ。竹馬に乗れていたエピソードなどから、バランス感覚はあるだろうと予測するメンバー達。記録はなんと38㎝。一番予想が近かったのは『松本北斗』という結果に。

次に挑戦するのは「大縄跳びを目を閉じながら何回跳べるか」というチャレンジ。眼をつぶるというハンデのため、予想はかなり低めに設定される。記録は12回で、一番予想が近かったのはまたもや『松本北斗』であった。

他にも「ホッピングで何回跳べるか」や「フラフープをしながら何歩いどうできるか」などのチャレンジに挑戦した。

佐久間宣行のNOBROCK TV(9位)

お笑いコンビ『春とヒコーキ』やYoutuberとして活躍する『バキバキ童貞ぐんぴぃ』が、グラビアアイドル『風吹ケイ』のセクシー攻撃に抗うチャレンジ企画動画。

『ぐんぴぃ』がグラビアアイドルとして活躍する『風吹ケイ』と餃子パーティーをしながら、『風吹ケイ』のセクシー攻撃に照れてしまったら電流が流れるというチャレンジ企画となっている。

餃子パーティが開始され、早速持ち前のボディやしぐさを駆使してアピールをしていく『風吹ケイ』に、開幕から何度も照れて電流を食らってしまう『ぐんぴぃ』。電流に苦悶の表情を浮かべる様子がとても面白い。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧