推しの子「アイドル」をアイ役が歌ってみた動画がダントツ1位!ビートたけしが松本人志について言及!?ガンダム映画大ヒット上映中!【月間YouTubeメディア人気動画】

By hima / 2024年03月07日

今回は2月1日~2月29日にYouTubeで公開された、メディア系動画ランキングTOP10を発表(3月1日集計)。

1位を獲得したのは、『TVアニメ【推しの子】公式チャンネル』(730万再生)。テレビアニメ「推しの子」の主題歌「アイドル」をアニメに出演するアイ役の声優「高橋李依」がカバーした動画が2位と約350万回再生の差をつけてダントツの首位を獲得した。

2位にランクインしたのは、『oricon』(384万再生)「第6回 たけしが認めた若手芸人 ビートたけし杯『お笑い日本一』」のダイジェスト映像が公開され、人気を集めた。

3位にランクインしたのは、『ガンダムチャンネル』(316万再生)。大ヒット上映中の「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」の冒頭映像である。

TVアニメ【推しの子】公式チャンネル(1位)

1位に輝いたのは、テレビアニメ「推しの子」の主題歌「アイドル」をアイ役の『高橋李依』が歌う動画。

大人気テレビアニメ「推しの子」の主題歌はYOASOBIが歌う「アイドル」。本楽曲は世界中で人気となり、公式MVの再生回数は何と脅威の4億4000万越え。今回は、そんな大人気楽曲を「推しの子」の主要キャラクターであるアイの声優を務める高橋李依がカバーをした動画が公開され、730万再生を越えた。

アイと同じ衣装とヘアメイクをした高橋が、「推しの子」の映像をバックに力強く歌いきる。

コメント欄には、

声優が中の人を脱ぎ捨てて実写版よろしく前面に出てくることが当たり前のこの時代に、あえて顔をほぼ出さず虚像に徹することで逆説的に声優「高橋李依」としてのカバーを実現させたこの演出は英断。

最初らへんは「アイドル」のアイだけど 進むにつれて「母親」のアイになっていく感じがする… 声優さんってすごい…

飄々とした自分語りの中に、自嘲と本音を溢すようなイメージ

など、アイ役を務める声優高橋による歌ってみた動画に対する絶賛の声が溢れた。

oricon(2位)

2位にランクインしたのは、若手芸人のチャンピオンを決めるビートたけし杯のダイジェスト映像。

2024年の2月9日に、東京・浅草 東洋館で開催されたお笑いコンクール「第6回 たけしが認めた若手芸人 ビートたけし杯『お笑い日本一』」の本選のダイジェスト映像が公開された。動画冒頭では、ビートたけしがステージ上に呼ばれるシーンでビートきよしが登場し、ツービートが揃う貴重な映像が流れる。

さらに、若手芸人たちがネタを行い、ヤ―レンズが優勝した。優勝発表では、ビートたけしが吉本を大いじり。たけしが賞状を読むあげるシーンでは、最後に名前を言うところで「松本人志」と言い、後輩芸人たちから総ツッコミを受ける。「こうやって笑ってあげると少しは復帰が早くなるだろう」「今は女がどうのこうのうるせぇんだよ」とたけしらしいコメントを残した。

さらに、お笑い芸人に求めることは?という質問に対し、芸人に人権はいらない、税金は払うが治外法権にして好きな芸事をさせてほしいと語った。

ガンダムチャンネル(3位)

現在上映中の映画「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」の冒頭映像が公開され、3位にランクイン。

2024年1月26日より公開された映画「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」。興行収入は37億円を突破し、大人気映画となっている。

今回は、映画の冒頭部分の6分半がYouTubeで公開され、多くの人から人気を集めている。主要キャラクターの声は大半がオリジナル声優が務めており、昔からのファンにとってはたまらない作品である。

2002年放送開始の「機動戦士ガンダムSEED」、続編「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」を受け継ぐ新作映画作品となっており、映画公開からも勢いは止まらず、大人気映画である本作品。コメント欄では、昔からのガンダムファン、海外ファン、親子ファンなどたくさんのファンが本動画、映画を絶賛している。

Nintendo 公式チャンネル(4位)

ポケモン公式YouTubeチャンネル(5位)

ブンブンジャーちゃんねる【スーパー戦隊シリーズ公式】(6位)

ABEMA かまいたちの笑賭け【公式】(7位)

遊戯王OCGチャンネル(8位)

めざましテレビチャンネル(9位)

それいけ!アンパンマン【アニメ公式】(10位)

 

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧