【YouTuberランキング】週間動画再生数<マルチYouTuber>~東海1位/コムドット無双/平フラ二人旅2週連続ランクイン~(12月19日)

By DigitalCreators編集部 / 2022年12月20日

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)【マルチYouTuber】1219

今回は、12月12日〜12月18日にマルチYouTuberチャンネルで公開された動画の月間再生数ランキングTOP20を発表。

1位は、『東海オンエア』(280万再生)。この動画を含めて、3本(8位:164万再生/9位:156万再生)ランクインしている。

2位は、『コムドット』(260万再生)で、12月18日に開催された「登録者球技大会」がランクイン。
4時間を超えるプレミア公開では同接視聴者が28万人超えと多くの視聴者からの注目を集め、公開から5時間程度で260万再生を獲得し、12月20日現在は474万再生まで拡大している。
その他にも、TOP10ではこの動画を含めて3本(4位:186万再生/5位:175万再生)がランクインしており、TOP20では、これらを含めて7本(11,12,14,18位)ランクインしており、今回のランキングで最多本数となっている。

6位(171万再生)にランクインした『平成フラミンゴ』は、2週連続で2人の旅動画がランクインしており、高い人気を誇っているのがわかる。

7位(169万再生)には『平成フラミンゴ』の『NICO』の個人チャンネルがランクインしており、コンビでもピンでもランクインしている。

マルチYouTuber再生数ランキングTOP20

タイトルチャンネル再生数投稿日カテゴリー再生時間キッズ向けショート動画いいね数
【クロワッサン】猛練習したてつしばのパンVSパン屋のパン【クロワッサン】猛練習したてつしばのパンVSパン屋のパン東海オンエア2,807,1282022/12/13Comedy0:31:41キッズ以外1分以上48027
【総勢37名】遂にチャンネル登録球技大会で決着!!!!【総勢37名】遂にチャンネル登録球技大会で決着!!!!コムドット2,601,2372022/12/18Entertainment4:18:32キッズ以外1分以上79313
レペゼンYouTube引退ライブ-10日間240時間ぶっ通し-必ず当たるアマギフおみくじ開催中レペゼンYouTube引退ライブ-10日間240時間ぶっ通し-必ず当たるアマギフおみくじ開催中【Repezen Foxx】2,557,7992022/12/19Entertainment11:32:45キッズ以外1分以上34854
【ガチ急遽】限界疲労のメンバーに朝から大阪行かね?って誘ってみた結果wwwww【ガチ急遽】限界疲労のメンバーに朝から大阪行かね?って誘ってみた結果wwwwwコムドット1,864,4752022/12/14Entertainment1:08:05キッズ以外1分以上41165
【神回】ベストペア人気投票したら波乱の展開で喧嘩になったwwwww【神回】ベストペア人気投票したら波乱の展開で喧嘩になったwwwwwコムドット1,756,0142022/12/12Entertainment1:20:18キッズ以外1分以上43934
【豪遊】絶対に盛れては行けない旅行が爆笑の嵐www【豪遊】絶対に盛れては行けない旅行が爆笑の嵐www平成フラミンゴ1,714,0312022/12/14Comedy0:37:58キッズ以外1分以上39929
結婚しました結婚しましたにこちゃん放送局1,695,3752022/12/14Gaming0:25:25キッズ以外1分以上54829
東海オンエアの神企画、近所のおじさんがやってもおもしろい?東海オンエアの神企画、近所のおじさんがやってもおもしろい?東海オンエア1,649,0972022/12/14Comedy0:22:40キッズ以外1分以上40661
街へ飛び出て50音表を相手チームより多く埋めろバトル!!!!街へ飛び出て50音表を相手チームより多く埋めろバトル!!!!東海オンエア1,567,4882022/12/15Comedy0:25:40キッズ以外1分以上23688
マジでヤバいことになりました。。。マジでヤバいことになりました。。。SeikinTV1,525,7392022/12/15Entertainment0:29:44キッズ以外1分以上28864
【超豪華】大好きな人たちにコムドットの写真集JOURNEY渡したら最高の思い出になったwwwwww【超豪華】大好きな人たちにコムドットの写真集JOURNEY渡したら最高の思い出になったwwwwwwコムドット1,518,2042022/12/15Entertainment1:34:51キッズ以外1分以上38477
【激闘】24時間配信の裏側に密着したら人間の限界を突破してた件についてwwwww【激闘】24時間配信の裏側に密着したら人間の限界を突破してた件についてwwwwwコムドット1,502,8312022/12/13Entertainment1:45:25キッズ以外1分以上35129
前の人より「良いこと」し続けたら最終的に世界平和になるんじゃない?前の人より「良いこと」し続けたら最終的に世界平和になるんじゃない?東海オンエア1,455,5712022/12/17Comedy0:30:57キッズ以外1分以上28267
皆さんに重大なお知らせがあります。皆さんに重大なお知らせがあります。コムドット1,444,2022022/12/17Entertainment0:02:10キッズ以外1分以上43940
1万円でクレーンゲームしたらピンクvsミドリどちらが多く取れるのか!?1万円でクレーンゲームしたらピンクvsミドリどちらが多く取れるのか!?Fischer's-フィッシャーズ-1,352,8872022/12/16Entertainment0:35:38キッズ以外1分以上24144
【ガチ】素人のバレーが本気で上手くなってたwww【ガチ】素人のバレーが本気で上手くなってたwwwスカイピース1,263,6092022/12/17People & Blogs0:58:19キッズ以外1分以上29176
【ラッパーは得意】この謎映像、共通の母音【ラッパーは得意】この謎映像、共通の母音東海オンエア1,223,5762022/12/16Comedy0:18:43キッズ以外1分以上23703
【神回】遂にYouTube界に無敵のオジサンゆうま父が電撃デビューで大暴れwwwww【神回】遂にYouTube界に無敵のオジサンゆうま父が電撃デビューで大暴れwwwwwコムドット1,220,3932022/12/16Entertainment0:59:08キッズ以外1分以上44194
YouTube DreamYouTube DreamHikakinTV1,097,3432022/12/17Entertainment0:57:43キッズ以外1分以上33696
奇行種キンTV奇行種キンTVHikakinTV1,074,9962022/12/15Entertainment0:22:27キッズ以外1分以上41459

東海オンエア(1,8,9,13,17位)

「猛練習した素人(『てつや』と『しばゆー』)とお店のクロワッサンに出来栄えで勝つことができるのか」検証する料理企画。人から直接伝授されることは禁止というルールのもと、クロワッサン作りに挑戦。
料理上手なことで知られる『りょう』は「パンの中でも訳分かんなくない?」と難易度高めなクロワッサンをチョイスしたことに驚いており、『しばゆー』は「あんまやりたくない」と最初からこの企画への不安を露わにしている。
層が大切なクロワッサンでは、生地にバターを織り込む作業が行われる。バターがはみ出してしまうなど、苦戦しながらもなんとか初挑戦のクロワッサンを完成させた『てつや』。形になっており味も美味しいようで幸先良いスタートとなった。一方で『しばゆー』も、工程の多さに辟易しながら、一発で成功。その後練習を繰り返し、遂に本番。
『としみつ』以外のメンバーがそれぞれ試食しながら評価していく。1,2つ目は完成度の高いクロワッサンで悩んでいるメンバーたち。しかし、3つ目は「ややまずいバターロール」と酷評。誰が作ったのか分かりやすかった模様。2番目のバターロールがパン屋のものだと選択し、大正解。1番目のクロワッサンを作った『てつや』は悔しそうな顔を浮かべているが、メンバーたちからの称賛を得ている。

『東海オンエア』の魅力の一つ、「企画力の高さ」。そこで、「企画が面白いのであれば、東海オンエアじゃなくてもいいのでは」という予想のもと、『東海オンエア』の動画に度々登場するラーメン屋店主『幸男』と、唐揚げ屋店主『射り口』の2人と『てつや』が、『東海オンエア』の過去の人気企画に挑戦する。『りょう』『としみつ』はそのVTRを見て、企画が面白いのか、東海オンエアが演者として面白いのかを判断する。
まず挑戦したのは、「ジャイアン選手権」。「ジャイアン選手権」とは、その名の通りジャイアンになりきって大喜利をする選手権。ジャイアンの特徴的な声を真似るのが鉄則だが、『幸男』は本人の図太い声そのまま。あまりの変わらなさにメンバーから総ツッコミを受けている。大喜利のお題は「たけしくんが経営しているレストランが閉店してしまいました。どうして?」というもの。『てつや』は、「なべだと思ったら土管だったので全部こぼれてた」と模範的な解答。しかし、『幸男』が「お客様にいばり過ぎた おうへい(横柄)だった」と回答し、ジャイアンらしい回答に一同爆笑。勝者は『幸男』となった。
続いては、「“なんでもあり”のカードを使って、罰ゲームを回避せよ」という企画に挑戦。「〇〇からの攻撃を△△に課す」のような形で、自分への罰ゲームを回避する簡単なゲームだが、ルールが把握できていない『射り口』は「手伝え からあげや」「からあげいっぱい食え〜」などトンチキ発言を繰り出し、一同爆笑。『東海オンエア』の演者としての力はもちろんあるが、挑戦者二人の個性的なキャラクターも相まって面白い動画となったため、検証結果は曖昧になっている。

としみつ考案企画「街へ出て50音表を相手チームより多く埋めるゲーム」。チームに分かれて、街へ繰り出し、そこで見つけたものの写真を撮影。判定員の『りょう』がその写真を見て何かを判断したあと、頭文字の音(「ネコ」であれば「ね」)を獲得できる。ただし、単語の文字数の分数だけその場で待機しなくてはならないため、なるべく文字数の少ない単語を見つける必要がある。
「てつとし(『てつや』『としみつ』)」チームと、「しばゆめ(『しばゆー』『ゆめまる』)」チームにわかれて挑戦。
「てつとし」チームは序盤から、順調に頭文字を獲得。頭文字をつなげて文章を作るというルールには関係の無い遊びを楽しむ余裕っぷりを見せている。「てつとし」チームがゲームを進める間、「しばゆめ」チームは移動車で呑気にトーク。なかなか写真が送られてこない『りょう』が、心配の電話するほどマイペースな2人。さらに、自分たちで「バス」と頭文字「は」を獲得したにも関わらず、「歯」の写真を送信するポンコツぶり。

結果は「てつとし」チームの勝利。企画を真面目にこなす「てつとし」チームと、のんびりとした「しばゆめ」チームの対比が面白い。「十字架」の有無が、ゲーム企画の空気感に関係しているのだろうか。

「良いことをしている人を見ると、対抗心が生まれ、さらにその上の良いことをしたくなる」「対抗心で良いことの連鎖が生まれるのでは」という『てつや』の持論をもとに、検証するハッピーな企画動画。
『ゆめまる』がした良いことは、「自宅の風呂を入れる」。奥さんが寝ているため、自分が入れたというが、自分自身も使用するため最低限の“良いこと”だと話すメンバーたち。続いて、『りょう』が行ったことは、「友人宅の観葉植物への水やり」
3番目の『しばゆー』は、インスタのストーリーを使用して「40万人に鼻くそを捨てるなと呼びかけ」をしたそうだが、トリッキーな“良いこと”にメンバーも困惑。「ゴミを捨てるなと40万人に呼びかけると、良いことすぎるから鼻くそにした」と話しており、実に『しばゆー』らしい。4番目の『てつや』が取り組んだことは、「マンションのエントランスを2分間掃除」。このような形で良いことの連鎖を作っていく。
12番目の『てつや』は、母校である北野小学校に学校の備品を大量プレゼント。感謝状をもらうなど、かなり大きな“良いこと”をしている。13番目の『ゆめまる』は水を浴びて身を清める「水行」に挑戦するが、『てつや』の行いを超えられず企画は終了している。

しばゆーが作成した映像を見て、踏まれた韻を見つける“韻ふみクイズ”に挑戦する企画動画。

『てつや』『虫眼鏡』『ゆめまる』の3人が挑戦。燻された肉や「俺なんてどうせ無理」と話すタコのイラストなど、意味不明な画像が流れる映像に頭を悩ませる3人。各々惜しくも不正解に。正解は、「燻す魔法」「卑屈タコ」「シックスじゃこ」「二重アゴ」。「i・u・u・a・o」の共通の母音を持つ単語となっている。

その後、個人戦からチーム戦となり、3人で協力してクイズを解くことに。「三人あれば文殊の知恵」で、あっという間に全問正解してしまう。これまでも、大人気企画「シバッハ」などで、ラップや作詞のセンスを見せてきた『しばゆー』だが、本動画でもその才能を十分発揮している。

コムドット(2,4,5,11,12,14,18位)

年内400万人登録者達成を目標としている『コムドット』が仕掛けた一大企画「チャンネル登録球技大会」を1218日に公開し、公開から1日経たずして260万再生を獲得し2位にランクイン。4時間超えとなったプレミア公開では最大で約28万人の同接視聴者を獲得している。

コムドットの他に『スカピース』『カジサック』がリーダーとなり3チームを結成し、チャンネル登録者増加数とバスケットボール、フットサル、ドッチボールで対決をしている。

チャンネル登録者増加数では、コムドット率いる「イヌ軍」が1位となり467,243人、最下位はスカイピース率いる「トリ軍」で158,690人の新規登録者を獲得している。

どの競技も熾烈なバトルが繰り広げられたが、その中でも「トリ軍」の高い身体能力が目立った結果となった。

一方で、カジサック率いる「サル軍」は、各競技の全試合で大敗を喫する結果となった。

その中でも、お互いに声を掛け合い楽しむことをモットーとし、全試合にフルパワーで臨んだ姿が印象的で、心打たれた視聴者からのコメントが多く寄せられている。

競技の途中には『エア(くれいじーまぐねっと)』のズボンが脱げてしまったり、『トンボ(チームカジサック)』が勢いよく転んだりとアクシデントも起こっており、見どころ満載である。

採集結果は、「イヌ軍」が優勝しトロフィーを受け取っている。

各チームのM V Pも選出され、「サル軍」は全試合を全力で走り回り活躍した『しゅーと(もーりー【アホと弟】)』、「トリ軍」は全員満場一致でフリーキックを蹴った『じんたん(スカイピース)』、「イヌ軍」は最もチャンネル登録者数を伸ばした『むくえなちっく。』で、それぞれのチームの絵をプレゼントされている。

また、今回の大会で製作した各チームのユニフォームとウインドブレーカーを販売し、獲得した売り上げは全額寄付をすることを宣言している。

3ヶ月間オフがなく、「編集合宿」「24時間生配信」「GENE2時間テレビ」などをこなしている合間に編集作業を行う大忙しの『コムドット』。

そんなコムドットが今回ランクインしたのは、「1週間過酷すぎるスケジュールをこなした後のメンバーに急に大阪行かね?って言ってみた」。

先月公開された急に名古屋に誘い、全国かくれんぼの広告を見に行ったに続く、第2弾となっている。

メンバー全員を起こした直後に「今から大阪に行きます!」と宣言したが、「意味がわからない」「無理」「初めて企画断る」「行かないです」と大反対を受けている。

その後『ゆうた』『ゆうま』『あむぎり』は大阪行きを受け入れるが、『ひゅうが』は最後まで抵抗している様子が面白い。

大阪の梅田蔦屋がコムドット特設ブースに力を入れており、先日通常盤が発売された写真集『JOURNEY』の展示を見に行っている。

特設ブースを見た後は、鉄板焼きを堪能しながら誰が1番の美食家で舌が肥えているか、バカ舌は誰かの小競り合いをしている。

1ヶ月ぶりの5人のみでの撮影で動画冒頭では、7件の発表を行っている。
企画自体は、写真集『JOURNEY』の発売記念で製作されるグッズをどのペアで作るかを検討する「人気ペア」投票企画を実施。
『ひゅうが』は初期メン(やまと&ゆうた)、極悪(やまと&ひゅうが)などがランクインしてくると予想をしている。
『JOURNEY』で実際に撮影されたコンビのみとなっており、最有力とされた「ゆたあむ(ゆうた&あむぎり)」がグッズ製作へはエントリーできない事態となっている。
Instagramで人気投票を実施し、投票総数は104,293票となっている。
10通りのペアで人気投票をしており、結果として、1位は39,640票で「やまと&ゆうた」、10位は1,565票「ひゅうが&あむぎり」ペアとなっている。

12月2日に発売された『コムドット』の写真集「JOURNEY」。メンバーたちが、各々お世話になった人や大好きな人たちに写真集を手渡す動画。
『ゆうま』が写真集を渡す相手は地元の友達。「地元ノリを全国へ」をスローガンとして掲げる彼ら。地元の友人との交流の深さが伺える。表紙を見た友人は、かっこいいなと称賛。照れくさそうにしながらも、活躍するメンバーたちを讃えている。『あむぎり』の相手は「スカイピース」。「コムドットの写真集でキュンときたら即退場」という企画を突然進行している。嬉しそうな『あむぎり』の様子が可愛らしい。

その後も、『ゆうた』は中学校時代の部活動の顧問『高岡先生』に、『ひゅうが』は『平成フラミンゴ』に、『やまと』は自身の祖父母に渡している。『コムドット』の愛され力を再認識することができるほっこりとした企画動画。

週間ランキング1位〜3位を総なめにした『コムドット』の24時間生配信「究極の友情ゲーム」の裏側動画が12位にランクイン。
ホテルで編集している姿や、生配信に参加してくれた人気クリエイターたちが次々に訪れ、コムドットを労っている。
指名されるのが誰なのか、メンバー全員で生配信をドキドキしながら見守っている様子はなんとも微笑ましい。
特に『とうあ』は生配信に駆けつけた後、待機部屋で5時間を過ごしていたそうで、仲の良さがうかがえる。

12月18日にプレミア公開された「チャンネル登録球技大会」の告知動画。
この球技大会では、登録者数の伸び率がポイントとして換算されるため、大会開催までそれぞれのチームが力を合わせて活動してきた。クリエイターの努力を映し出した感動的な映像と共に、球技大会の様子が流れ、動画公開が待ち遠しくなる告知動画となっている。

12月に24歳の誕生日を迎える『ゆうま』。年内目標登録者数突破に向けて、毎年多忙であるため、誕生日を祝福されることが少ない『ゆうま』の誕生日企画となっている。

しかし、誕生日をただ祝わって貰うのではなく、貰ったものを返そうという『やまと』からの提案で、親孝行をすることに。なんと初めて本動画に
『ゆうま』の父『剛治』が登場。YouTuberデビューを果たした。愛犬ココちゃんを連れて一緒にキャンプへと出かけている。1人バイクで遠出するなどアクティブなにぴったりの場所。『ゆうま』の変人キャラを思わせるような、お茶目なキャラクターと、仲睦まじい親子の様子に心温まる動画となっている。

【Repezen Foxx】(3位)

大人気YouTuberの『Repezen Foxx』がYouTubeの引退を発表するところから始まる生配信が3位にランクイン。

1218日の公開であるが、公開から1日経たずして255万再生を獲得している。画面内に映っている5人のうち2人は『令和の虎』に出演している『桑田龍征』『竹之内教博』で、その2人をメンバーの『まる』と『ふぉい』に見立てた小芝居から始まっている。その後にも『令和の虎』に出演している社長たちが勢揃いしている。

また、17日には人気YouTuberの『ヒカル』と同盟を組んだことをTwitterなどで発表しており話題を呼んだ。レペゼンとしてはYouTubeを引退するが、同盟を組んだ『ヒカル』の動画にはバンバン出演すると宣言している。実際に、この生配信にも『ヒカル』が登場しており、今後の展開からも目が離せないクリエイターである。

切り抜き動画で人気のメンタリスト『DaiGO』とのババ抜きチャレンジも生配信で行なっている。

平成フラミンゴ(6位)

無計画2人旅と称して、弾丸で箱根旅行をする企画。前回の動画で、宿泊費60000円超の高級旅館に宿泊することになった2人。この動画はその高級旅館の部屋を紹介するところから始まっている。
個室風呂や広大な部屋に興奮気味の様子。アメニティとして部屋内に置かれた「丁子足袋(ちょうじたび)」の読み方に苦戦している。「丁子」が薬用、香水、スパイスなどに使用されるものだと知った『NICO』は「口が臭いかもしれないから、食べる?」とボケている。
料理を楽しんだ2人は、ベッドの上で就寝。と思いきや、エンジン全開2人のトークがスタート。高級旅館を離れることに葛藤しながらも、結局コンビニに行くことになる2人が可愛らしい。カメラのアングルで遊んだり、本気で枕投げをするなど、仲睦まじい2人の様子を堪能できる動画。

にこちゃん放送局(7位)

『平成フラミンゴ(平フラ)』の『NICO』の個人チャンネル。「結婚しました」というタイトルに驚いた視聴者も多いのではないか。しかし、結婚したのは『NICO』ではなく、学生時代の大親友『ダンベル』だそう。
結婚式に参席したという『NICO』は、結婚式で大感激したことの他に、大親友『ダンベル』との思い出エピソードについて語っている。高校生当時、やんちゃな彼氏と付き合っていたという『NICO』。誕生日に思いきったプレゼントをしたにも関わらず、突然振られてしまう。プレゼントを返したいという相手の要望に応えた『NICO』だったが、なぜか突然「あげるって言ったものを返せって、どういう神経してんの?」と理不尽にキレられてしまったそう。最初は大人の対応をしていた『NICO』も、だんだんと怒りが込み上げ、衝突してしまう。胸ぐらを掴まれたということからも、彼氏は相当やんちゃであったことが伺える。緊迫した2人の間に、「やめなよ!」と勇気を持って割って入ってくれたのが『ダンベル』だという。その後、号泣してしまった『NICO』に、「この状況がどうやったら幸せって思えるか 一回考えね?」と慰めの言葉をかけ、そのおかげで立ち直ることができたと話している。このエピソードから、『ダンベル』の友達思いな人柄が伝わってくる。

このようなエピソードのある大親友『ダンベル』の結婚式ということで、感動のあまり泣いてしまったという『NICO』。実際にサプライズスピーチをしている際に、泣き出してしまう『NICO』の映像が流れ、その様子は非常に微笑ましい。動画最後には、手術後退院時に友人『ちゃんみな』が祝ってくれたというエピソードを語っている。『NICO』の友人とのエピソードから、彼女の愛されるキャラクターが伺える動画。

SeikinTV(10位)

3年連続グラミー賞受賞や、アカペラグループ史上初の2作連続全米1位YouTubeチャンネル登録者数1990万人超え(12月16日現在)などの記録を持つ『ペンタトニックス』が世界各国のアーティストたちとコラボした新クリスマス・アルバム「ホリデイズ・アラウンド・ザ・ワールド」。そのコラボに、『セイキン』『ヒカキン』兄弟が参加し、クリスマスソングの代表曲の1つである『Wham!(ワム!)』の『Last Christmas(ラストクリスマス)』をカバーしたことを報告した動画。

日本代表”として同アルバムに参加したことに対して、2人は嬉しさを滲ませつつ「本当に光栄なこと」と話した。また、約10年前から注目していたという同グループとのコラボ実現に感動している様子で、ペンタトニックスへの愛を語っている。

動画内ではさらに、ハモリやビートボックスのセッションなど聞きどころをアピールしている。ま

た、自身らが参加した楽曲のミュージックビデオのメイキング映像も公開している。普段あまり見られない2人の真剣な様子や、アーティスティックでクールな面が垣間見える新鮮な動画となっている。

Fischer’s-フィッシャーズ-(15位)

『Fischer’s』の人気企画「クレーンゲーム対決」。2チームに分かれて各々一万円以内で、どれだけ多く指定カラーの商品を獲得できるか対決する動画。
「ピンクチーム」は『シルクロード』『ダーマ』『モトキ』、「ミドリチーム」は『ンダホ』『ザカオ』『マサイ』。
何度も企画でクレーンゲームに挑戦しているためか、両チームとも腕が上がっている様子。次々とアイテムを獲得していく。結果は引き分け。ぬいぐるみを抱えたメンバーたちが可愛らしい。

スカイピース(16位)

YouTuberバレーボール対決に向けて、練習を重ねる『テオ』チームに密着した動画。
動画序盤では、練習で指導を受けているプロバレーボールチーム「東京グレートベアーズ」のホーム開幕戦をチームで観戦している。
観戦後、体育館へと場所を移し、練習することに。既に2回目の練習ということで、前回よりも各々スキルアップしている様子。仲が深まりつつあるメンバーたちの様子が微笑ましい。トークでチーム全体の雰囲気を盛り上げつつ、真剣に練習している。

HikakinTV(19,20位)

12 月 6 日に開催されたYTFFでの動画。集ったYouTuberに「あなたにとってのYouTubeドリームとは?」インタビューしている。
煌びやかな衣装を着用し、豪華なリムジンに乗って会場へと向かう。最初にインタビューしたのは、『Fischer’s』。寝起きの『シルクロード』は、返答に詰まりながらも「まだ夢の途中」と回答。トップYouTuberに登り詰めた彼らのYouTubeに対する愛が感じられる。他にも『中町綾』『とうあ』『コムドット』『平成フラミンゴ』などにインタビュー。『SEKAI NO OWARI』への取材風景や、YTFFの裏側密着など、当日の活躍を見ることができる。最後には『東海オンエア』にインタビューしており、『としみつ』が「1年間で車二台買い」とまさに「YouTuberドリーム」を語っており、「こういうのが聞きたかったんだよ」「YouTuberに憧れてもいいんだっていうこちら(お金)の話」と『ヒカキン』は満足気な様子。

表参道のイルミネーションに、黒のタンクトップを着た『ヒカキン』「不審キン」が行く動画。
真冬にも関わらずタンクトップで街に繰り出す『ヒカキン』の様子は、まさに不審。「奇行種キン」と称して、360度カメラを使って撮影した様子は、『進撃の巨人』に登場する巨人のような不気味さ。『ヒカキン』に気づいた視聴者にも神対応を見せ、一緒に撮影している様子は微笑ましい。ファンとの交流を楽しみつつ、イルミネーションに到着。綺麗な風景とタンクトップ姿の『ヒカキン』のミスマッチ感が面白い。

人気記事

新着記事

タグ一覧