【YouTube人気動画】7~9月動画再生数<芸能人>~竹原,羽生多数/佐藤健ワンオクTaka宅訪問~

By DigitalCreators編集部 / 2022年10月16日

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)【芸能人】7-9月

今回は、7月1日〜9月30日にYouTubeで公開された芸能人チャンネルの動画再生数ランキングTOP20を発表。

尚、芸能人チャンネルとは、芸能人だけでなく、文化人・政治家・アスリートなどYouTube以外で活躍されている方が運営するチャンネルを対象とし、10月5日(木)に集計した数値。

1位は、親子初共演を果たした『杏』がランクインしており、親しみを覚える親子の会話を公開している。

2位には『アントニオ猪木』、3位には『安倍晋三』の動画がランクインしており、故人の面影を追うファンも多いのではないか。

「喧嘩自慢」シリーズが人気の『竹原テレビ』(4,6,7位)、現役引退を発表してもなお、多くの人気を獲得している『羽生結弦』(9,10位)は複数動画がTOP10入りを果たしている。

【芸能人再生数ランキングTOP20】

杏/anne TOKYO(1位)

普段YouTubeに出演することのない『渡辺謙』の出演と、今まで”親子”で共演がなく、初共演となったため注目を浴びているのだろう。

『渡辺謙』の出身地である新潟県と、現在住んでいる信州の野菜たちを使用し、その場でメニューを話し合いながら決めていく様は、一般家庭の親子と変わらない風景で、親近感を覚える。

料理をしながら、子供の世話や犬の散歩までしてくれる『渡辺謙』の姿や、小さい頃よく作っていた”おやつ”の話など、ほっこりとする話や、『渡辺麺』に改名したいくらい”麺料理”が好きだというお茶目なエピソードトークも展開されている。

また動画終盤では、『杏』が子供3人と愛犬を連れて、フランスに移住することを報告している。

完全移住ではなく、日本とフランスを行き来する生活になるとのことだが、父親である『渡辺謙』は心配なようで、

「安否確認のために、1日1回はLINE送ってくれない?」と『杏』にお願いしているが、『杏』からは「えー、1日1回は多くない?」と、ここでも一般家庭の”父親”を煙たがるような”娘”という関係が見てとれて、思わずニヤニヤしてしまう。

現在は既にパリに移住しており、パリの美しい街並みを投稿している。

公開された初週と比較すると、319万再生から1027万再生まで拡大した。

アントニオ猪木「最後の闘魂」(2位)

10月1日に亡くなった元プロレスラーの『アントニオ猪木』の「最期の言葉」が、ランクイン。

動画自体は9月21日に収録されており、最初のテロップでは、「YouTubeチャンネルを本格的に再開したいらしい」とスタッフが呼ばれた理由が記されている。

映し出された猪木は、ベッドに横になっており自身の力では体を起こすことすらままならない状態であった。

「普通はこんなザマは見せたくはないでしょ?でもあるがままでいい」「見てもらいたくはないが、応援してくれるファンの期待に応えたい」と話している。

10月6日に新しく動画を投稿しており、動画の中の猪木は力無さげな様子ではあるが、周囲の人を笑わせたりと楽しいトークを繰り広げている。

公開された初週と比較すると、543万再生から701万再生まで拡大した。

あべ晋三チャンネル(3位)

7月8日に亡くなり、9月27日に国葬も執り行われた『安倍晋三』元首相チャンネルが初ランクイン。

参議院議員候補の星北斗候補の応援のため、福島県小野町と田村市を訪れた際、休憩時間を利用し地域のソウルフードであるアイスバーガーを食している動画。

亡くなる2日前に投稿されたこの動画はのコメント欄には、安倍元首相への追悼の意を表したコメントで溢れている。

竹原テレビ(4,6,7,15位)

4位にランクインした動画は、竹原と若者が胸ぐらを掴むシーンのダイジェストから始まっている。

ジムの前で嫌がらせをしていた若者たちが「世界チャンピオンだかなんだかしらんけどやろうや」などと横柄な態度で乗り込んできており、竹原のジムに通う弟子たち三人が、若者のスパーリング相手をしている。

相手をした弟子の中には、K-1チャンピンもおり、竹原に対して不敬な態度をとる若者に、「敬えよ」と我慢がならないようだった。

公開された初週と比較すると、209万再生から586万再生まで拡大した。

日本人で初めてWBA世界ミドル級チャンピオンになった元プロボクサー・竹原慎二のチャンネル で始まった「喧嘩自慢」動画で、この人気シリーズの第1弾動画が6位にランクイン。

「喧嘩自慢」の男性達が、動画撮影中に突然乱入。スタッフが説得するも、なかなか帰らない乱入者。ヤジを飛ばすなどの無礼な態度に怒りを募らせる竹原。緊張感のある空気のまま、リングで乱入してきた挑戦者とプロボクサーとの対決が始まる。
プロを相手に全く歯が立たない挑戦者達。動画終盤には竹原が挑戦者を応援する流れになっている。

公開された初週と比較すると、373万再生から520万再生まで拡大した。

竹原自身が無礼な若者2人とスパーリングをしている動画が7位にランクイン。

若者に本気でぶつかって、圧倒的な実力差を見せつけている。今回、所属している選手とスパーリングをした若者は「命かけてる人間と遊びでやってる人間だと差が凄い」と実感している

公開された初週と比較すると、376万再生から456万再生まで拡大した。

15位にランクインした動画は、「喧嘩自慢」シリーズの第2弾動画。

半グレの若者がジムの前に溜まり近所迷惑になることを避けジム内に呼び込むが、元々迷惑行為をやめてもらうために呼び出していた別の半グレチームとバッティングしてしまい、ジム内の雰囲気は一触即発状態

公開された初週と比較すると、244万再生から341万再生まで拡大した。

濱口夫婦チャンネル(5位)

芸人『濱口優』とタレント『南明奈』夫婦に、男児が誕生したことを報告した動画。

以前には流産の経験があり、心配をかけたくないという気持ちから、誕生後の報告になったことを伝えている。

9月23日には、近況を報告している動画も投稿しており、育児に奮闘している日常を明かしている。

佐藤 健 / Satoh Takeru(8位)

8月23日に公開された『佐藤健』と『千鳥』の『ノブ』の二人旅のpart2動画。
『佐藤健』が美味しいお店を紹介すると『ノブ』を連れて行った先が、『ONE OK ROCK』の『Taka』の自宅で、”絶対に予約の取れないカレー店”の店長として紹介されている。
『Taka』の超豪邸も披露されており、多方面のファンに刺さる動画となっている。

9月6日には、続きの動画が公開され、Takaお手製の絶品カレーの実食編も多くの人気を獲得している。

公開された初週と比較すると、237万再生から387万再生まで拡大した。

HANYU YUZURU(9,10位)

現役引退・プロへの意向発表後、8月に公式チャンネルを開設し、1週間程度でチャンネル登録者数64万人を突破する勢いを見せた『羽生結弦』がランクイン。

9位にランクインした動画は、最初に投稿された動画で、動画尺は1分程度となっており、チャンネル開設のご報告と理由を自身の言葉で伝えている。

公開された初週と比較すると、349万再生から372万再生まで拡大した。

 

10位にランクインしたのは、8月10日(水)に、公開練習の様子を生配信で公開した動画。
今回”『羽生結弦』のスケートに触れてほしい”という思いから、チャンネルを開設し、試合の時と近く、日本人らしさも残したいと「YUZURU HANYU」ではなく「HANYU YUZURU」表記を選択しているということや、アイコン等もこだわりを示しており、アイコンにデザインされている氷の傷(トレース)は、羽生自身が実際に”スピン”や”ジャンプ”をしてついた傷を写真に撮り、デザインを依頼したと、2本目の動画(8月9日公開)で語っている。

生配信当日は、スケートリンクには、多くのメディアも集まっており、異様な空気感での練習・配信となっている。
日本語だけでなく、英語や中国語でのコメントも多く投稿されており、世界各国から愛されいる選手だったと証明している。
配信は2時間ほどで、最初の1時間はウォーミングアップに使用し、リンクに上がるところからは『backnumber』の『水平線』をかけ、歌を口ずさみながら、リンクと自身の身体の状況を確かめるように、スケーティングが開始した。

途中『Mrs. GREEN APPLE』の『僕のこと』を流しながらアップ練習をしており、チャット欄では、今まで現役選手として、挑戦し続けてきた羽生に対する賞賛のコメントが溢れた。

生配信の後半では、伝説となっているプログラム「SEIMEI」を披露し、ファンを沸かせており、ジャンプを決める度に、会場から拍手が溢れる。

生配信の最後は、カメラに向かって、手を振りながら

「ありがとうございました〜!なんかやってほしいこととかありますか?

なんかやってほしいものあったら言ってください」

と、気さくにファンに寄り添う姿を見せた。

公開された初週と比較すると、318万再生から367万再生まで拡大した。

ハロー!ミキティ / 藤本美貴(11位)

 

元ハロプロ所属の『藤本美貴』が、夫である『品川庄司』の『庄司智春』を車でお迎えに行き、”お迎えに来た嫁がペアルックを着ている”ドッキリを仕掛けている。
お迎えに行く道中、藤本はペアルック姿に気づいた庄司がの第一声を予想し、見事正解を導き出している。
2人の小気味の良い雰囲気や会話は、視聴者から多くの支持を獲得している。

10月6日には『チュートリアル』の『徳井義実』が、この動画のパロディー動画を投稿し、話題となっており、週間ランキングにもランクインしている。

公開された初週と比較すると、269万再生から366万再生まで拡大した。

エガちゃんねる EGA-CHANNEL(12,13,14,18,19位)

OL兼声優でHカップ美女が住むゴミ屋敷を大掃除している動画がランクイン。

食べ残しや飲み残しの容器が大量に残留しており、臭いもあるゴミ屋敷を5時間かけて掃除した江頭は、「エガちゃんねるの企画で1番辛かった」と話しており、富士山登山の生配信よりもしんどかったということは、よほどのものだったと想像できる。

人気シリーズ「時効だから話せる話」で今回は「北朝鮮訪問」について話をしている。

1999年と2003年に訪朝しており、当時観光した場所や体験したことについて話をしているが、その中でも「よど号ハイジャック事件」の犯人に会って、話を交えたというエピソードは、驚愕である。

コメント欄では

政治家より先に衝撃の事実を解明し暴露してしまうエガちゃんマジすげぇ こんな話が聞けるだけですごく得した気分

マジヤバいネタを何気なく流してるのすごいけど 何気に20年前の話がスラスラ出てくるのってやっぱエガちゃん頭いいよね

と、驚きと感心のコメントが多く寄せられている。

大トロ厚切り牛タンのお取り寄せで有名な『伊達のくら』の案件動画。

以前、大食いアイドル『もえあず』や大食いYouTuber『ますぶちさちよ』とのコラボ動画を公開しており、大食いシリーズ第3弾となる今回は大食いYouTuberの『海老原まよい』とコラボをしている。
成人男性4人vs大食いYouTuber女性1人と、ハンデをもらいながらも、最後の最後まで諦めることなく、いい勝負を繰り広げていく。
気持ちのいい食べっぷりだけでなく、美味しそうなお肉もこの動画の魅力の1つである。

公開された初週と比較すると、295万再生から351万再生まで拡大した。

週間ランキング【芸能人】【芸人】部門では、ランキング常連の人気チャンネル『エガちゃんねる』。

今回は様々なカップ麺を食し、100点満点中で採点する動画。

江頭のおすすめカップラーメンは福岡県ではお馴染みの『サンポー焼豚ラーメン』と明かしており、家に絶対ストックしているらしい。

動画最後には「あたおか(ファンの名称)」にも、好きなカップ麺を共有してほしいと呼びかけている。

公開された初週と比較すると、163万再生から315万再生まで拡大した。

二郎系ラーメンの人気店「千里眼」の冷やし中華の大食いに挑戦している。

また、この動画は江頭の大好きな「ガツンとみかん」を販売している「赤城乳業株式会社」の案件動画となっており、苦しい大食いも「ガツンとみかん」があれば食べ切れる!とし、挑戦している。

ダイエットをしており3kg痩せた江頭は胃が小さくなってしまったことを心配していたが、根性で食べきっている。

極太麺、柚子胡椒味の鶏チャーシューなど食欲をそそられる。

むらみゆ(16位)

グラビアアイドルの『村島未悠』が、沖縄で「週刊プレイボーイ」の撮影に臨んでいる動画がランクイン。

海やプール、部屋のベッドなど様々なシーンと水着で撮影しており、綺麗な沖縄の景色と抜群のスタイルのコンビネーションが最高の動画となっている。

NAOMI CLUB(17位)

『渡辺直美』が就寝から起床までを配信する生配信で、PCの電源が落ちた為、起床までは配信できず、途中で配信は終了しているが、久しぶりの生配信だったこともあり、夜中11時から配信したにも関わらず、80,000人を超える視聴者が集まった

生配信中には、初主演のミュージカル『ヘアスプレー』についてや、自身中学時代の話など、様々な話題を取り上げている。

渡辺の生配信は、思わずつられ笑いしてしまう笑い方にも注目。

公開された初週と比較すると、255万再生から324万再生まで拡大した。

竹之内社長の【虎ベル】(20位)

『令和の虎』に出演している『竹之内教博』のチャンネルで、『令和の虎』とのコラボ動画になっており、こちらのチャンネルには前編が公開されている。
今回の志願者は『【Repezen Foxx】』の『DJ社長』で「世界一になりたい」という野望を掲げ1500万円を希望金額として出演している。
『DJ社長』は29歳で、本名は『木元 駿之介』といい、駒澤大学を中退した後、DJやインフルエンサー業を生業としている。
22歳の時に社長業をしていたが、失敗し、借金6000万円を背負うことになり、有名人になりたいと思いDJを始めたという。
その際にYouTubeでのクリエイター活動を開始している。現在は9億の借金があることも、自身で暴露している。
今回は通常とは異なり、”協業”をプレゼンする異例の流れになっている。

前編動画では、自身の経験を活かした「YouTubeやTwitter、TikTokの構造」や「ユーザーの心理」に触れる話をしており、今のビジネスには欠かせないツールだと説いている
前編動画終了時には、元々ファンだと伝える社長が続出し、前編動画である当該動画の時点で『竹之内教博』『林尚弘』『トモハッピー』の3人が300万円を申し出ており、盛り上がりを見せている。

公開された初週と比較すると、208万再生から291万再生まで拡大した。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧