【YouTubeランキング】週間動画再生数<音楽>~IVE圧倒的1位/スノスト,JUMPがTOP10入り~(5月15日)

By DigitalCreators編集部 / 2023年05月18日

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)週間音楽0515今回は、5月8日〜5月14日にYouTubeで公開された音楽動画の週間再生数ランキングTOP 15を発表。尚、対象は、「歌ってみた」「踊ってみた」などのカバー動画を除き、ライブ映像を含む音楽関連動画とする。(5月 15日集計)

1位にランクインしたのは『IVE』(598万再生)531日にリリースされる、初の日本オリジナルタイトルトラックWAVEの公式ミュージックビデオがランクインした。カットごとに異なるメンバーの雰囲気と、迫力のあるダンスシーンが大きな注目を集めた。

2位にランクインしたのは『SixTONES』(321万再生)。日本テレビで放送されている話題沸騰中の日曜ドラマ「だが、情熱はある」の主題歌「こっから」のYou Tubeバージョンが大きな再生数を獲得している。
その他、ジャニーズからは5位(193万再生)に『Hey! Say! JUMP』6位(149万再生)に『Snow Man』がランクインしている。

3位にランクインしたのは『MOONCHILD』(230万再生)。LDH JAPAN史上最大規模で開催されたオーディションより、ガールズグループ部門の合格メンバー5人から結成された『MOONCHILD』「Photogenic」公式ミュージックビデオがランクイン。

音楽再生数ランキングTOP15

IVE(1位)

『IVE』が531日にリリースする日本1st EP収録曲「WAVE」公式ミュージックビデオが、2位と300万再生以上の差をつけて1位にランクイン。
韓国人メンバー5人、日本人メンバー1人から結成された、韓国の大人気6人組ガールズグループ『IVE』が初の日本オリジナルタイトルトラックを5月31日にリリースする。

本ミュージックビデオは、テニスがテーマになっている。メンバーはテニスコートでユニフォームを身にまとってパフォーマンスをしており、スタイルの良さが際立つ。
さらに、プールサイドでカラフルな衣装を着てダンスをする様子もMV内に収められており、とてもキュートだ。動画の後半では、モノクロな衣装とステージに変わっており、かっこいい雰囲気も楽しむことができる。

今後の『IVE』の日本での活動に期待が高まる。

SixTONES(2位)

2位にランクインしたのは、日本テレビ系日曜ドラマ「だが、情熱はある」主題歌で『SixTONES』10枚目シングル「こっから」のYouTubeバージョン。

『King &Prince』メンバーの「髙橋海人」、『SixTONES』メンバー「森本慎太郎」が主演を務めるテレビドラマ「だが、情熱はある」は、「若林正恭」と「山里亮太」の半生を描いている。本人たちを重ねてしまうほど引き込まれる主演2人の演技と、ユーモアのあるストーリーが話題に。
ドラマを思い起こさせる情熱溢れるリリックと、『Six TONES』のこれまでとこれからを感じさせる楽曲に、彼らの音楽を賞賛する声が集まっている。

MOOMCHILD(3位)

『MOONCHILD』の「Photogenic」公式ミュージックビデオが3位にランクイン。

LDH JAPAN史上最大規模で開催されたオーディションより、ガールズグループ部門の合格メンバー「ANRI」、「UWA」、「RUAN」、「MIRANO」、「HANA」の5人から結成されたZ世代ガールズグループ『MOONCHILD』。メンバー全員が10代にもかかわらず、一人一人が高いスキルを持つことで世間から注目の声が集まっている。

曲名の通りフォトジェニックなメンバーの表情と、磨き上げられたシンクロ率の高いダンスを楽しむことのできる動画となっている。

THE FIRST TAKE(4位)

4位にランクインしたのは、「BE:FIRST」による「Bye-Good-Bye」の一発撮りパフォーマンス動画。

『THE FIRST TAKE』に初登場した「BE:FIRST」のメンバーは「緊張するね」と言いながらスタジオに入る。

今回、彼らがパフォーマンスするのはセカンドシングル「Bye-Good-Bye」。本動画では、いつもはハイレベルなダンスパフォーマンスが目立つ彼らが、ダンスに負けないくらいの歌唱力を披露している。

緊張しながらも、すばらしい歌声で本楽曲を披露した彼らの勢いは留まることを知らない。

Hey! Say! JUMP(5位)

5位にランクインしたのは、TBSにて放送中の火曜ドラマ「王様に捧ぐ薬指」主題歌、『Hey! Say! JUMP』の「DEAR MY LOVER」公式ミュージックビデオ。

『Hey! Say! JUMP』メンバー「山田涼介」と女優「橋本環奈」が主演を務める「王様に捧ぐ薬指」は、とある理由から偽装結婚することになった2人がさまざまな障害を乗り越え、本物の夫婦になっていく姿を描いたラブストーリー。

ドラマのために書き下ろされた楽曲「DEAR MY LOVER」は、グループの色を活かした王道ラブソングだ。公式ミュージックビデオでは、キャッチーな振り付けを自然体で楽しむ、まさに王道アイドルの『Hey! Say! JUMP』メンバーたちを見ることができる。

Snow Man(6位)

『Snow Man』の新曲「あいことば」のAnother Recバージョンが6位にランクイン。

公式ミュージックビデオには収まりきらなかったシーン、MV撮影の裏側の様子、さらにレコーディングの様子が収録されている豪華な動画となっている。

MV撮影のために演技をするメンバーの様子や、レコーディングを行うメンバーの様子は、MVを見るだけでは分からない彼らの頑張りを見ることができ、とても新鮮だ。

そんなメンバーの姿に、コメントでは「溢れる多幸感に自然と涙が溢れました」などと、温かい言葉が集まっている。

本楽曲が収録されている彼らにとって3枚目のアルバム「i DO ME」は5月17日に発売予定だ。

Ado(7位)

7位にランクインしたのは、『Ado』の新曲「いばら」の公式ミュージックビデオである。

昨年紅白にも出演し話題となった「Vaundy」が提供した本楽曲は、今年4月で30周年を迎えたフジテレビ「めざましテレビ」の新テーマソングに起用されている。

朝に聞くとパワーをもらえるような、前向きな歌詞とロック調のメロディーが魅力的な楽曲となっている。

本楽曲について、『Ado』は、

自分を信じて生きれば、いつかあなたの朝が見える日も近いよ、という思いを込めて歌いました。

「Vaundy」は、

1日の始まりに背中を押してくれる、毎朝のスイッチをいれるきっかけになるような楽曲になればと思い、そして、Adoちゃんへのエールも込めてこの「いばら」という曲をつくりました。

とコメントした。

プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク(8位)

8位にランクインしたのは、「25時、 ナイトコードで。」と「鏡音レン」による「キティ」のミュージックビデオ。

リズム&アドベンチャー『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』に登場するユニット「25時、ナイトコードで。」の新曲「キティ」のMVが公開された。本楽曲は、大人気ボーカロイド「鏡音レン」とのコラボレーション楽曲となっている。

『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』内のリズムゲームでも「キティ」を楽しむことができるようになっている。

星川サラ / Sara Hoshikawa(9位)

VTuberの『星川サラ』による「アイドル」歌ってみた動画が9位にランクイン。

大人気テレビアニメ「推しの子」のOP曲に起用されている「YOASOBI」の「アイドル」をVTuberの『星川サラ』がカバーしている。『星川 サラ』は、ANYCOLOR株式会社が運営するにじさんじに所属しているバーチャルライバーである。

本動画では、「推しの子」に登場するキャラクター「アイ」と同じポーズをした『星川サラ』のイラストを見ることができる。

本動画のように、歌ってみた動画や演奏してみた動画をはじめとする「アイドル」関連の動画が多くの注目を集めている。

ヨルシカ / n-buna Official(10位)

10位にランクインしたのは、『ヨルシカ』の新曲「斜陽」の公式ミュージックビデオ。

コンポーザーとしても活動中のn-bunaが女性シンガーsuisを迎えて結成したバンド「ヨルシカ」が新曲「斜陽」の公式ミュージックビデオを公開した。

本楽曲は、4月1日より放送開始のTVアニメ「僕の心のヤバイやつ」のオープニンテーマに決定した。『ヨルシカ』といえばの透き通った歌声と、ストーリー性のあるミュージックビデオとなっている。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧