【YouTubeランキング】月間動画再生数<音楽>~JO1「Tiger」圧倒的首位/SnowMan,SixTONESの新曲MVTOP10入り~〈3月〉

By DigitalCreators編集部 / 2023年04月07日

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)月間音楽動画再生数ランキング

今回は、3月1日〜3月31日にYouTubeで公開された音楽動画の月間再生数ランキングTOP20を発表。 尚、対象は、「歌ってみた」「踊ってみた」などのカバー動画を除き、ライブ映像を含む音楽関連動画とする。(4月1日集計)

1位にランクインしたのは『JO1』(1241万再生)で、3月24日に『Tiger』のミュージックビデオを公開した。本動画は4月1日の集計時点で1241万再生を超えており、JO1の人気の高さがうかがえる。

2位にランクインしたのは『Snow Man』(1133万再生)。今回ランクインとなった『W』は『タペストリー』との両A面シングルである。『Snow Man』は7位(488万再生)にも『W』のダンスプラクティス動画でランクインしている。ジャニーズからは他にも、『SixTONES』が6位(792万再生)にランクインしている。

3位にランクインしたのは『THE FIRST TAKE』(1050万再生)で、テレビアニメ『ポケットモンスター』シリーズでサトシの声優を務める『松本梨香』が『めざせポケモンマスター -with my friends-』を一発撮りで歌った。同チャンネルからは4位(1035万再生)にもランクインしており、anoが『ちゅ、多様性』を同じく一発撮りで披露している。

音楽動画再生数ランキングTOP20

JO1(1位)

『JO1』の楽曲「Tiger」のMVが首位を獲得。本楽曲は、既に配信リリースもされており、「KCON 2023 THAILAND」や「CDTVライブ!ライブ!」でパフォーマンスを披露している。

アニメーションと融合した新鮮な映像が印象的。さらに、『JO1』のキレのあるカッコいいシンクロダンスが映し出されるシーンでは、全面紫色のネオンライトや、色とりどりの紙吹雪などの豪華なセットのおかげで、彼らの魅力がより一層増している。コメント欄では、

TigerのMVの一瞬一瞬がカッコ良くて目が離せない。コメントを書き込もうとして魅入ってしまって又リピートしてる。 遅まきながら、YouTubeでようやくミュージックフェアのTigerを見ました!蓮くんが踊っている姿!11人のTigerの披露は格別ですね。

JO1がこれだけのパフォーマンスをこなせる実力をつけたことが改めてわかったし、事務所もこのクオリティのMVを出せるようになっとわかったので今後もっといい楽曲やパフォ、スタイリング、MVを見れると信じて今まで以上に応援したいと思います

声質や歌唱力までパフォーマンスリーダーの強味になってるの凄いし蓮くんの裏声や叫びが曲のいいアクセントになってて聴いてて楽しい。信頼しあってチャレンジと成長を続けるJO1大好き

など、ファンからの賞賛の声がたくさん寄せられている。

公開された初週と比較すると745万再生から1241万再生まで拡大した。

Snow Man(2,7位)

『Snow Man』が3月15日にリリースした8枚目となるシングル曲「W」のMVが2位にランクイン。

こちらはダブルA面シングルである「タペストリー / W」に収録されている。白と黒の二面性をテーマにした楽曲となっており、白と黒の衣装が交互に変化する様子や背中合わせで「対比」を表す姿はシンプルであるが印象に残る映像である。

曲の終盤にはメンバーである佐久間大介をセンターとしたキレキレのダンスからラウールの堂々としたダンスで、MVが終了する瞬間は普段バラエティ番組などで見るSnow Manからは想像できないギャップを見ることができる。様々な場面から“二面性”を探すことができ、新曲の魅力が詰まった目が離せないMVである。

公開された初週と比較すると404万再生から1133万再生まで拡大した。

3月1日に公式ミュージックビデオを公開した新楽曲『W』のダンス練習動画が公開され、7位にランクイン。

白いバックグラウンドに全体が黒く覆われたステージで踊るメンバー達の衣装は、白と黒で統一されており、動きやシルエットが強調されているため、とても映えている。

激しくキレのある踊りをメンバー全員が映ったカメラで見ることができ、それぞれの個性ある動きを余すことなく見ることが出来る。フォーメーションが変わる瞬間などは、上空からのアングルで映し出され、フォーメーションの移り変わりで形成される9人の配列が存分に生かされた映像を楽しむことが出来る。

楽曲は今年1月から3月に放映されていた、『櫻井翔』が主演を務めるTVドラマ「大病院占拠」の主題歌に使用されていた。

公開された初週と比較すると211万再生から488万再生まで拡大した。

THE FIRST TAKE(3,4位)

TVアニメ『ポケットモンスター』シリーズの主人公『サトシ』の声優を務める『松本梨香』が『THE FIRST TAKE』に登場し、3位にランクイン。

3月24日にシリーズ最終話を迎えた、アニメ『ポケットモンスター めざせポケモンマスター』。本動画はそのオープニングテーマである『めざせポケモンマスター -with my friends-』を一発撮りで披露したものとなっている。

真っ白なスタジオの端には、『ピカチュウ』などの『ポケモン』のぬいぐるみが可愛らしく並んでいる。

『松本梨香』(以下、松本)がアニメ内の決め台詞「ポケモン、ゲットだぜ!」を言うと曲が始まる。

松本の力強い歌声は、バンドサウンドとぴったりマッチしており、今回はコーラスも入っているため音の厚みが増している。

音楽に合わせて体を動かしながら、楽しそうに歌う松本の姿が印象的である。

公開された初週と比較すると469万再生から1050万再生まで拡大した。

4位にランクインしたのは『THE FIRST TAKE』の『ano』が歌う「ちゅ、多様性」の動画である。

本楽曲は2022年11月23日にリリースされ、キャッチーなダンスがTikTokで流行してこの音源でダンスをしている動画が多く投稿され、流行した。THE FIRST TAKE特有の白い背景セットにマイクが置かれただけの部屋ではあるが、歌い方、仕草、特徴的な声により『ano』の世界観がしっかりと伝わってくる。

コメント欄でも

一発撮りでこれできるんだ… 独特なのにすごく魅力的な歌声で歌唱力もあるし、表情とか完璧だし すごすぎる… あのちゃんは聴けば聴くほど、見れば見るほど好きになる..

など称賛の声が寄せられた。

公開された初週と比較すると378万再生から1035万再生まで拡大した。

Ado(5位)

歌い手の『Ado』が、シンガーソングライター『なとり』が2022年9月に公開した楽曲「Overdose」のカバーを公開し、5位にランクイン。

TikTokを中心にSNSや動画投稿サイトで大きく話題となり、大流行した楽曲「Overdose」を歌い手の『Ado』がカバーした。アップテンポで激しく、力強い楽曲を歌うイメージの強いAdoだが、今回は強い落ち着いた雰囲気で淡々とした曲調を見事に歌い上げており、その多彩な歌声を披露している。

ミュージックビデオに使用されたのはイラストレーターの『𝕾𝕻𝕮』。本家ミュージックビデオの雰囲気を再現した、Adoのイラストとなっている。

公開された初週と比較すると226万再生から805万再生まで拡大した。

※デビューしている歌手で、多くの話題を集めたため本ランキングの対象とする。

SixTONES(6位)

6位には『SixTONES』の新曲「ABARERO」のミュージックビデオがランクイン。

本楽曲の歌詞にある「完全にあげる Shelter、炎上かっ飛ばす blah」のように車や夜の都会の景色、レーザーが飛び交うダンスシーンなどかっこよさと激しさが表現されたミュージックビデオとなっている。暗がりの中歌うリップシーンは感情が表情から伝わるほど現れており、SixTONESの技術力の高さが伺える。

SixTONESはジャニーズJr時代(デビュー前)から人気を確立し、ギラギラとしたイメージが特徴である。そんな彼らの9枚目のシングルとなった本楽曲はHIPHHOPナンバーで、まさに“SixTONESらしさ”を表しており、ファンだけでなく様々な層に刺さる一曲といえる。

公開された初週と比較すると266万再生から792万再生まで拡大した。

ATARASHII GAKKO! – 新しい学校のリーダーズ(8位)

8位にランクインしたのは、ダンスボーカルユニット『新しい学校のリーダーズ』の『オトナブルー』のミュージックビデオ。

本楽曲は2020年6月に同チャンネルにてライブ映像が公開され、2023年4月6日現在で819万回もの再生回数を記録しており、同チャンネル内1番の再生数となっている。

どことなく昭和レトロを感じる曲調とミュージックビデオとなっている。

また、MVに登場する首だけを動かすアイソレーションダンスなども特徴的である。新しい学校のリーダーズ公式サイトによると、TikTokでは関連動画の再生数が4億回を突破しているという。

コメント欄には外国語のコメントが多数見られることから、海外からも大きな注目を集めていることがわかる。

公開された初週と比較すると174万再生から464万再生まで拡大した。

優里 Official YouTube Channel(9位)

9位にランクインしたのは『優里』の「恋人じゃなくなった日」のミュージックビデオ。2022年3月29日発売の2ndアルバム「弐」の収録曲である。

本楽曲は優里の大ヒット曲「ドライフラワー」や「かくれんぼ」などを手掛けたエリザベス宮地が監督し、ドライフラワーの最終章の始まりを描いたミュージックビデオとなっている。

カップルの写真や映像とともに男女の何気ない日常を“○○の日”と表している。フィルムカメラで撮影されたかのような写真が「思い出感」を表し、この歌詞と映像に共感する人も多いだろう。

公開された初週と比較すると239万再生から453万再生まで拡大した。

Vaundy(10位)

『Vaundy』が公開した「そんなbitterな話」のMVが10位にランクイン。

本楽曲は、「ABEMA」オリジナル恋愛番組『オオカミには騙されない』シリーズの『花束とオオカミちゃんには騙されない』の主題歌である。

ミュージックビデオでは、ドラマ「silent」や大河ドラマ「どうする家康」などで話題の人気俳優『板垣李光人』が主演を務め、元乃木坂46の『伊藤万理華』が共演し、愛し合う男女を演じている。

本作品は、愛し合う男女の思い出の断片を覗き見ているような構成となっており、人が人を好きだと思う気持ちと、その記憶の所在について量子力学をモチーフにストーリーが描かれている。

公開された初週と比較すると278万再生から427万再生まで拡大した。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧