ヒカキン、骨折中の虫侵入事件で大混乱が1位!はじめしゃちょー×山田孝之が京都で心スポ巡り!【週間マルチYouTuberランキング】

By KA / 2023年10月17日

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)週間マルチYouTuber1015

10月8〜14日にマルチYouTuberチャンネルで公開された動画の週間ランキングTOP10を発表。(10月15日集計)

HikakinTV(1位)

1位にランクインしたのは、人気YouTuber『Hikakin(ヒカキン)』が部屋に侵入したカメムシに対処する様子を収めた動画。

「マジ最悪なことがおきました」というセリフと共に始まったヒカキンの動画。その「最悪なこと」とは、部屋にカメムシが侵入してきてしまったというもの。部屋で動画編集を行っていると、窓からカメムシが入ってきてしまったのだという。これから徹夜で編集作業をしなければいけないヒカキンにとっては死活問題で、天上の上のほうに飛んで行ってしまったカメムシをどう対処していくか考えていく。まず最初にiphoneのカメラをつけた状態でクイックルワイパーに装着し、カメムシのいる上の方を撮影しようとするが、途中手元が狂い、骨折している手を痛めてしまう。再度チャレンジし、何回かカメラで撮ってみると、映像にはチャンのカメムシが映っている。

ガムテープでカメムシをとってしまうと、カメムシの手足が撮れてしまうのではないかと危惧し、ドライヤーの冷風で吹き飛ばし、逃がす作品をたてる。最初の場所から動いてしまったカメムシを追い込んでいくが、なかなか捉えることができない。脚立をマンションの管理人から借り、登って直接目で探す。(動画内、そして概要欄にて「脚立の1番上に乗るのは危険だそうです。みなさん真似しないでください。」という注意書きがついている。)

一旦作業に戻り、それから一時間後、カメムシを再度見つけ捕まえることに成功している。カメムシのことを「カメお」と呼び、無事外に逃がしだしている。

東海オンエア(2位)

2位にランクインしたのは人気YouTuberグループ『東海オンエア』が自身らの10周年を祝う動画。

2023年10月12日に、10周年を迎えたYouTuberグループ『東海オンエア』。10周年を記念して今回用意されたのは、なんと東海オンエア10年分のダイジェスト動画。東海オンエアの動画撮影や生配信企画をサポートしている「NEXT ARROW」によって作成されている。

動画内にはダイジェストだけでなく、「東海オンエア10周年あるある」が紹介されており、去年10月に「10周年PJ第一弾 カモン岡崎キャンペーン2022」がスタートしたことや、『てつや』の個人チャンネルが「べるたんで検索お願いします」に変更されたことや、去年11月にてつやが盲腸になったこと、「東京コミコン」のPR大使になたことなど、10周年の1カ月ずつを振り返っている。

はじめしゃちょー(hajime)(3位)

3位にランクインしたのは人気YouTuber『はじめしゃちょー』と俳優の『山田孝之』が心霊スポットに訪れる企画動画。

YouTuber『はじめしゃちょー』の動画に今回コラボゲストとして登場したのは、俳優として活躍中の『山田孝之』。はじめしゃちょーと山田孝之が訪れたのは京都の心霊スポット。なんと深夜の12時に訪れるという本気っぷりである。心霊スポットの名称は「老ノ坂トンネル」で、噂によると白い服を着た女性の霊が出没するのだという。

老ノ坂トンネルに着き、早速中を歩いてみる2人。トンネルの中はライトが設備されており、非常に明るい様子。トンネルの中を散策しながら出口へ向かう。出口に着いた二人は「ここちょっと余裕だったんで…」と別の心霊スポットに向かう。向かうのは「首塚大明神」。周辺全ての心霊スポットの元凶となっている場所だそうで、鬼の総大将「酒呑童子」の首が埋まっているという。

そのような話をしながら車へ戻ろうとすると、トンネルの電気が急に半分消えてしまう。

首塚大明神に到着するとトンネルとは打って変わって今度は街灯などもなく、真っ暗な様子。周りを散策する2人。蔵の裏側にあるという大きな岩を探すが見つけられない。岩がどこにあるかマネージャーに電話するはじめしゃちょー。マネージャーが電話に応答する直前、人の唸り声がかすかに聞こえている。マネージャーに教えてもらい、首塚大明神の石碑にたどり着く。一通りの散策を終え、帰路につく2人。雑談にふけっていると謎の音が聞こえると言って急に立ち止まる。当初は山のほうから音楽のような音が聞こえていたというが、動画内では完全に無音となっている。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧