【YouTubeランキング】週間動画再生数<アスリート・スポーツ>~大谷翔平関連多数/那須川天心ボクシングデビュー/澤村拓一堂々仁王立ち~(4月17日)

By DigitalCreators編集部 / 2023年04月21日

YouTuberランキング(デジタルクリエイターズ)【アスリート・スポーツ】0417

今回は、4月10日〜4月16日にアスリートのチャンネルで公開されたスポーツ動画週間再生数ランキングTOP15を発表。

1位,3位,そして9位にランクインしたのは『Showtime Shohei』(1位/206万再生,3位/99万再生,9位/70万再生)。ランクインした3つの動画とも、ロサンゼルス・エンゼルスに所属し、メジャーリーグにて活躍する『大谷翔平』選手に関する動画で、ホームランを打つシーンや、珍しく怒りを露わにするシーンなどを見ることが出来る。

2位にランクインしたのは『FamilytimeFT / 格闘技エンタメCH』(136万再生)。『那須川天心』のプロボクシングデビュー戦となる試合を解説した動画で注目を集めた。

サッカー関連では、5位と6位に『SPOTVNOW』がランクイン(5位/83万再生,6位/80万再生)。いずれも2022-23イングリッシュプレミアリーグに関する動画で、リヴァプール対アーセナルや、チェルシー対ブライトンなどの試合ハイライト動画となっている。

アスリート再生数ランキングTOP15

Showtime Shohei(1,3,9位)

1位にランクインしたのは、アメリカメジャーリーグベースボールのエンゼルス対ブルージェイズの試合にて、『大谷翔平』選手が今シーズン3号めのホームランを打つ瞬間をとらえた動画。

2023年4月9日、アメリカにて、メジャーリーグアメリカンリーグ公式戦の、ロサンゼルス・エンゼルス対トロント・ブルージェイズの試合が行われた。エンゼルスの『マイク・トラウト』選手がヒットを出し塁に出た後、次の打者として登場したのは『大谷翔平』選手。対戦相手であるピッチャーは、ブルージェイズの日本人選手、『菊池雄星』選手だ。菊池選手と大谷選手は同じ母校、花巻東高校の先輩後輩の関係。菊池選手の鋭い投球を見事打ち返し、大谷選手が今シーズン3号目のホームランを打った。

3位にランクインしたのは、エンゼルスの『大谷翔平』選手が試合中、怒りを露わにした瞬間を映した動画。

メジャーリーグベースボールのインターリーグ、ロサンゼルス・エンゼルス対ワシントン・ナショナルズの試合が、4月12日にエンゼルスタジアムにて行われた。初回登板中、少しいらだった表情などを見せる『大谷翔平』選手。登板後、ベンチに向かう際中、ハンドジェスチャーや動作で怒りを露わにしている。コメント欄では、「球審の誤審に対して怒っているのではないだろうか」「エンゼルスベンチ(ネビン監督)が主審に抗議しようとしていたのを止めようとしたのでは?」「ベンチからキャッチャーのオホッピー選手に対して指示が出ていたことに怒っていた」などと、様々な憶測がされている。一方で、感情をあらわにする大谷選手に対し、「ため込むよりも感情を出していってほしい」「人間らしい大谷選手が見れた」など好感触な模様。

9位にランクインしたのは、アメリカメジャーリーグのアメリカンリーグ公式戦、ロサンゼルス・エンゼルス対トロント・ブルージェイズ戦にて、『大谷翔平』選手が9回裏にて同点ホームインをする瞬間を収めた動画。

バッター席に大谷選手が立った瞬間、客席からは大きな歓声が沸きおこる。投稿者の近くからは翔平コールも鳴り響いている。大谷選手が死球をくらうシーンでは、観客から大きなどよめきが起こっている。一塁に進む大谷選手に続いて、後続のバッターもヒットを出し、各選手が次の塁に進んでいく。大谷選手が各塁の守備を任されている敵チームのブルージェイズ選手たちににこやかに話しかける様子も見られる。レフトへ大きく鋭いヒットが出され、大谷選手がホームインに激走するシーンでは、爆発のような歓声が沸き起こっており、その盛り上がり具合が感じ取れる。

FamilytimeFT / 格闘技エンタメCH(2位)

2位にタンクインしたのは、『那須川天心』選手のボクシングデビュー戦となった、プロボクシング・スパーバンタム級第6回戦の試合を細かく解説した動画。

2023年4月8日、『那須川天心』のプロボクシングデビュー戦となる、スーパーバンタム級ノンタイトル戦が開催された。那須川天心の対戦相手となったのは、『与那覇勇気』。日本バンタム級第2位を誇る、強敵だ。試合結果は、3-0の判定勝ちで那須川天心の勝利となり、見事プロボクシングデビュー戦にて初勝利を収めた。

本動画は試合の細やかな解説動画となっており、試合の展開が素早く見づらかった部分も、スロー再生や矢印の表示などで、わかりやすく解説されている。

RIZIN FIGHTING FEDERATION(4位)

4位にランクインしたのは、[湘南美容クリニック presents RIZIN.40」にて開催された『平本蓮』対『梅野源治』の試合映像。

2022年12月31日にさいたまスーパーアリーナにて開催された、「湘南美容クリニック presents RIZIN.40」『平本蓮』対『梅野源治』の試合映像が公開され、大きな注目を集めた。エキシビションマッチとして平本蓮の対戦相手として、サプライズ発表された梅野源治。体重差のある対戦となったが、両者とも全力で戦い、時間切れのドローという結果に。

SPOTVNOW(5,6,8位)

2022-23シーズンイングリッシュプレミアリーグ第31節にて開催されたチェルシー対ブライトンの試合ハイライトがまとめられた動画が第5位にランクイン。

今回ハイライトがまとめられたのは、イングリッシュプレミアリーグのチェルシー対ブライトンの試合。2023年4月15日にスタンフォードブリッジにて行われた。先制点を取ったのはチェルシーの『コナー・ギャラガー』選手。その直後ブライトンの『三笘薫』選手が彼なドリブルでシュートまでたどり着くも、惜しくも外してしまう。その後もブライトンが果敢にゴールを狙っていくが、中々厳しい様子。交代で入った『ダニー・ウェルベック』がブライトンの初点を決め後半に入り今度は『フリオ・エンシソ』選手がミドルシュートを決め、ブライトンが2-1で勝利となった。

6位にランクインしたのは、2022-23シーズンイングリッシュプレミアリーグ第30節の、注目のビッグマッチ、リヴァプール対アーセナルのハイライト動画。

29節終了時点での両者の順位は、リヴァプールが8位、アーセナルが首位という状況。優勝を目指すアーセナルと、それを阻むリヴァプールという熱い展開となっている。試合開始後わずか8分で先制点を決めたのは、アーセナルの『ガブリエウ・マルティネッリ』選手。アーセナルの果敢な攻めにも動じず、守備を固めるリヴァプール。しかし、前半30分ほどのところでアーセナルがまたしてもシュートを決め、2点リードとなる。前半の終了間際、リヴァプールの『モハメド・サラー』がシュートを決め、1点を取り返した。『ロブ・ホールディング』選手がファールを取られ、リヴァプールがPKを獲得するも、惜しくも外してしまう。サラー選手が悔しそうにシャツをたくし上げるシーンが印象的だ。87分にリヴァプールが得点を取り返し、同点に並ぶとそのまま得点は並行し、結果は2-2の引き分けとなった。

8位にランクインしたのはメジャーリーグアメリカンリーグのロサンゼルス・エンゼルス対ワシントン・ナショナルズのハイライト動画。

ナショナルズのトップバッターは『アレックス・コール』選手。投手は『大谷翔平』選手。コール選手にフォアボールで一塁を許すも、失点なしで3アウトを獲得する。ナショナルズの先発投手は『ジョサイア・グレイ』選手。グレイ選手の鋭い投球を見事、大谷選手が高く打ち返すも、レフトフライで取られてしまう。先制点はエンゼルスが決め、その後も『ローガン・オホッピー』選手が今シーズン第4号目のホームランを打ち、祝いの冑を被った。そのまま2-0とリードしたまま、エンゼルスの勝利となった。

(パーソル パ・リーグTV公式)PacificLeagueTV(7,10位)

7位にランクインしたのは、千葉ロッテマリーンズ所属の『澤村拓一』選手の活躍を収めた動画。2023年4月14日にプロ野球パ・リーグ千葉ロッテマリーンズ対オリックス・バッファローズの試合が開催された。試合の最後の投手を飾ったのはロッテの『澤村拓一』選手。力強く、余裕のある態度で投球に挑み、最後の投球後は大きく打ちあがったボールを見ながら、腕を組み、仁王立ちのポーズで構えた。その気迫と自信に、コメント欄では澤村選手を称える声が多く寄せられている。

10位にランクインしたのは、北海道日本ハム所属の『清宮幸太郎』選手の活躍を収めた動画。

4月9日に開催された、オリックス・バッファローズ対北海道日本ハムファイターズの試合。その試合にて、日本ハムのの守備として大いに活躍した『清宮幸太郎』。その活躍に、ベンチにいる監督も思わず笑顔になってしまうほど。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧