【YouTubeランキング】週間動画再生数<アスリート・スポーツ>~朝倉vsノッコン1位/WBC大谷翔平大活躍~(3月13日)

By DigitalCreators編集部 / 2023年03月18日

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)アスリート・スポーツ動画週間再生数ランキング

今回は、3月6日〜3月12日にアスリートのチャンネルで公開されたスポーツ動画週間再生数ランキングTOP20を発表。

1位にランクインしたのは、『朝倉未来 Mikuru Asakura』(174万再生)。先週に引き続き、『朝倉未来 Mikuru Asakura』が1位にランクインとなった。この動画ではブレイキングダウン7に出場した『ノッコン寺田』とのマススパーリングの様子が見られる。さらに、10位には『ノッコン寺田【150キロラガーマン】』のチャンネルで、『朝倉未来』と対談している様子が見られる。

また、現在開催中である「WBC(WORLD BASEBALL CLASSIC)」で、3月12日に行われた「日本対オーストラリア」の試合に勝利したため、日本は予選1位通過が決定し、野球に関連する動画がTOP10のうち7動画と多くの注目を集めた。

その他の野球関連動画はTOP10で見ると、『阪神タイガース 公式』(2位:135万再生)、『パワプロ・プロスピ公式チャンネル』(3位:97万再生)、『ShoHey ShowTime 』(5位:95万再生/6位:84万再生)、『スポーツナビ 野球チャンネル』(7位:78万再生)、『【SS】大谷速報&スポーツ研究所』(8位:62万再生)、『高木 豊 Takagi Yutaka』(9位:57万再生)と、大注目を集めた。中でも「侍ジャパン」として大活躍しているメジャーリーガーの『大谷翔平』が話題を集め、多くの関連した動画がランクインしているとなった。

アスリート再生数ランキングTOP20

朝倉未来 Mikuru Asakura(1位)

『朝倉未来』と、BreakingDown7に出場した『ノッコン寺田』がスパーリングする動画が1位にランクイン。

『朝倉未来』(以下、朝倉)と『ノッコン寺田』(以下、ノッコン)の2人はスパーリング前のトークで、ノッコンの体型の話をする。朝倉は現在体重が151kgあるノッコンに対し、130キロ程度まで落としたら「結構動けてスタミナもあって」という状態に持っていけるのではないかと話した。しかし、ノッコンの年齢が38歳だということを聞き、朝倉は「厳しいな」と口にする。

また、ノッコンには子供が6人いるという。その子供たちのためにYouTubeを始めたという。

ノッコンが「未来さん足だけね、俺パンチだけ」と冗談を言いつつマススパーリングがスタート。

拮抗しているように見えたスパーリングだったが、終了後の様子を見ると、朝倉は大して息も上がらず余裕を見せている。しかし、ノッコンは息を切らして、疲れた様子である。朝倉は「マス(スパーリング)がめちゃうめぇ」「左フックがいいですね」などとノッコンを褒める。その後、朝倉は右ストレートのモーションが大きいことを指摘し、指導する様子や30秒のマススパーリングで実践する様子が見られる。

また、本ランキング10位には、ノッコン側のチャンネルでもコラボした際の対談動画がランクインしている。

阪神タイガース 公式(2位)

『阪神タイガース 公式』がアップロードした、『大谷翔平』選手のバッティング練習を見た『阪神タイガース』選手のリアクション集が2位にランクイン。

3月6日に行われた『阪神タイガース』(以下、タイガース)対『侍ジャパン』の強化試合の際に撮影された動画で、阪神タイガースの選手も『大谷翔平』(以下、大谷)のバッティング練習に興味津々な様子。体をほぐしながら、大谷がバッティング練習するのを待つタイガースの選手たち。

大谷がバッティング練習のためマウンドに立つも、ワンスイングでタイガースの選手は自分たちのアップへ行く。しかしアップ中でも大谷のバッティングが気になるようで、タイガース選手はその打球に釘付けとなっている。

パワプロ・プロスピ公式チャンネル(3位)

 

『2023 WORLD BASEBALL CLASSIC』(以下、WBC)の開催を記念して、スマートフォンゲーム『プロ野球スピリッツA』に2006/2009日本代表選手が登場。そこで、『イチロー』が、2006/2009 WORLD BASEBALL CLASSICを共に戦った優勝メンバーからベストナインオーダーを選出する動画が3位にランクイン。

『イチロー』が投手3人、各ポジション、DHを選び、さらに打順も決めるというもの。

投手の1人目に選んだのは『岩隈久志』。2人目には『渡辺俊介』を挙げた。3人目には2009WBCでMVPをとった『松坂大輔』。

捕手には『城島健司』、ショートに『西岡剛』(西岡)、DHに『内川聖一』(以下、内川)など、錚々たるメンツの名前を挙げるイチロー。

選手の名前を挙げる際に、当時のプレイについて話している場面は聞き応えのあるものだった。

続いて打順を決める際には1番にイチロー自らを即決で選出。2番には西岡、3番に『青木宣親』、4番に内川などを選出した。

※本チャンネルは野球ゲームのチャンネルであるが、元メジャーリーガーの『イチロー』が出演し、現在話題中の「WBC」過去大会について話しているため、本ランキングの対象とする。

SPOTVNOW(4位)

プレミアリーグでの『リヴァプール』対『マンチェスター・ユナイテッド』の試合のハイライト映像が4位にランクイン。

公式戦では211回目の対戦となった今回。先制点は42分にリヴァプールが獲得。その後、46分でもリヴァプールがゴールを決めて2点目を獲得。リヴァプールは順調に得点を決めていき、49分で3点目、65分で4点目、74分で5点目、82分で6点目、87分で7点目を決める。

試合はそのまま7対0のまま終了し、リヴァプールの圧勝となった。

ShoHey ShowTime(5,6位)

WBCのため3月7日に行われた強化試合の、『侍ジャパン』対『オリックス・バファローズ』の現地映像が5位にランクイン。

『侍ジャパン』の『大谷翔平』(以下、大谷)がマウンドに上がり打った第一打席と、同じく侍ジャパン『村上宗隆』(以下、村上)のホームランの瞬間に大谷がホームまで走る様子が捉えられた動画。

大谷は1ボール2ストライクで後がない状況で、センター前ヒットを打ち出塁。1塁にいるオリックスの選手『マーウィン・ゴンザレス』とコミュニケーションを取る様子が見られる。

また、2塁に入った際には“ペッパーミルパフォーマンス”が見られる。

最後には村上がホームランを打ち、大谷がホームに戻っている。ここで点数は侍ジャパン4対オリックス0となった。

観客の声も入っており、楽しげな様子が伺える。

3月6日に行われた、『侍ジャパン』対『阪神タイガース』のWBC強化試合の際の現地映像が6位にランクイン。

この日の試合では2打席連続のホームランを決めている『大谷翔平』(以下、大谷)。本動画の映像は2打席目の映像で、豪快なホームランを決めている様子が見られる。

ランナー1塁2塁でホームランを放つ大谷。“ペッパーミルパフォーマンス”を見せながら、ホームヘと走っていく。

侍ジャパンはヌートバーのヒットで1点先制しているため、ここで点数は侍ジャパン4対阪神0となる。

スポーツナビ 野球チャンネル(7位)

元プロ野球選手『真中満』と、フリーアナウンサーの『袴田彩会』がMCを務め、ゲストには元WBCメンバーの『谷繁元信』、『鳥谷敬』、『西岡剛』を招き、WBC速報を見ながらライブ配信した動画が7位にランクイン。

試合映像の配信はないものの、豪華な元WBCメンバーをゲストに招いたことにより、注目を集めた。

日本と韓国は2006年のWBCの2次ラウンドでも対戦しており、その際には韓国が勝利しマウンドに韓国国旗を立てたことから、日本と韓国は因縁の関係となっている。そのためこの試合は大注目の一戦であった。

3回表で『ダルビッシュ有』の放った球を『ヤンウィジ』はホームランで打つ。『谷繁元信』はこれについて、見逃し3振を狙ったがそれが通用しなかったのではないかと解説した。その後日本はフルベースでの『吉田正尚』のセンター前ヒットで2人がホームに帰り、逆転した。それには『真中満』も「よくアジャストできるよね」と絶賛した。

【SS】大谷速報&スポーツ研究所(8位)

『大谷翔平』の通訳を務める『水原一平』とWBC日本代表メンバー『ヌートバー』が電話でインタビューされた際の映像が7位にランクイン。

SNSにあげられたWBCメンバーの会食の写真を見たインタビュアーは、「誰が代金を払ったか知ってる?」と聞くと、『水原一平』(以下、水原)は「詳しくは知らないけど、ダルビッシュ(有)と(大谷)翔平が払ったよ」と答えた。

インタビューされた日はエキシビジョンマッチが行われた日だったため、水原は『大谷翔平』(以下、大谷)が何をしたかを聞かれた。

水原の隣にいた『ヌートバー』にも話が振られる。日本で起こっている大きな反響についてヌートバーは、想定していなかったと話し、「信じられないことになっていて凄いと驚いた」とも話した。

動画の最後には、大谷のホームランの映像も入っている。

高木 豊 Takagi Yutaka(9位)

元大洋ホエールズ(現・横浜DeNA)の『高木豊』が、WBC強化試合で『大谷翔平』が見せた3ランホームランをプロの目から解説した動画が9位にランクイン。

『高木豊』(以下、高木)が手書きの図を用いて『大谷翔平』のホームランの凄さを解説した。高木は大谷のことを、「世界最高峰のバッターだよ」と絶賛した。

ホームランになりにくいという左バッターの特徴なども押さえながら解説がなされており、大変わかりやすい解説動画となっている。

ノッコン寺田【150キロラガーマン】(10位)

BreakingDown7に出場した『ノッコン寺田』が、『朝倉未来』と対談した動画が10位にランクイン。

『ノッコン寺田』(以下、ノッコン)は『朝倉未来』(以下、朝倉)に勝てるつもりはなかったが、盛り上げられる自信ならあったと話している。それに対し朝倉は「分かんないですよ!逆に!」と返している。

朝倉は次に行われる予定のBreakingDown8についても、雛壇争奪戦を行いたいと構想していることを話した。

その後ノッコンは朝倉のチャンネルメンバーが緩んでいると話し、ノッコンのタックルで倒れなければ合格というテストを始める。朝倉のメンバー『吉田』は見事に吹っ飛んで宙に浮いてしまう。同じく『たくま』も後ろに吹っ飛ばされて倒れてしまう。

ノッコンは朝倉にラグビーのパスを教えると、朝倉は流石の運動神経ですぐにパスをものにする。

なお、本ランキング1位にも朝倉のチャンネルで、ノッコンと朝倉がマススパーリングをしている動画がランクインしている。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧