【YouTubeランキング】週間動画再生数~チェンソーマン主題歌 /Travis Japanデビュー曲~(10月31日)

By DigitalCreators編集部 / 2022年10月31日

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)1031

今回は、10月25日~10月31日にYouTubeで公開された本編動画の週間再生数ランキングTOP20を発表。 尚、対象は、企業公式チャンネル(ニュースを除く)で公開された動画を除く、1分以上の動画。

1位は、10月11日から放送が開始したアニメ『チェンソーマン』のオープニングテーマを務める『米津玄師』のMV。同アニメのエンディングテーマ『マキシマム ザ ホルモン』のノンクレジット映像を公開した「MAPPA CHANNEL」が3位にランクインしており、高い人気が伺える。

MV動画が、20動画中7動画(先述したED映像を含めると8動画)がランクインで、YouTubeとの親和性の高さがうかがえる。

2位には、『朝倉未来』が主催する「Breaking Down6」のオーディション映像が先週に引き続きランクインしており、多くの人気を獲得している。

【本編再生数ランキングTOP20

Kenshi Yonezu 米津玄師(1位)

現在放送中の人気アニメ『チェンソーマン』のオープニングテーマ『KICK BACK』のMVが1位にランクイン。

本動画には、『米津玄師』と共に楽曲アレンジを共同で務めた『常田大希(King Gnu/millennium parade)』が出演。筋トレに勤しむ2人というインパクトはさながら、次々と衝撃の展開が待ち受けるコミカルな作品となっている。

監督は、米津玄師のアーティスト写真や人気曲『感電』のMVを手掛けた『奥山由之』が担当した。

朝倉未来 Mikuru Asakura(2位)

『Breaking Down6』の開催が11月3日に迫る中、オーディションVol.5が公開され、726万再生を獲得し2位にランクイン。

今回は、ケンカバトルロワイヤルの王者『SATORU』や、『令和の虎』に出演している『トモハッピー』、人気インフルエンサーの『破天荒夫婦~嫁が破天荒過ぎて愛しい~』の旦那『力也』が登場し、オーディションを盛り上げている。

また、オーディションの最後には『バン仲村』が、前回の『Breaking Down5』の際に、自身の試合が中止になったが、連絡をもらえなかったことに憤りを感じており、『Breaking Down』のトップである『YUGO』に勝負を挑んでいる。

それに対し、運営側のミスは謝罪した上で、「判定ではなく、1分無制限、負けた方が1000万円分ギフトを実施」の条件をつけ、挑戦を受けている。

MAPPA CHANNEL(3位)

現在放送中の人気アニメ『チェンソーマン』。10月25日に放送された第3話エンディングで、『マキシマム ザ ホルモン』の新曲「刃渡り2億センチ」のED動画がランクイン。

ダークヒーローアクションである本作のイメージにマッチする、激しく豪快なサウンドと鮮やかな色使いの作画アニメーションが印象的。大きな反響を呼んだ本動画には、国内外から1万を超える賞賛のコメントが多く寄せられている。

Travis Japan(4位)

大手レコードレーベルでもある『Capitol Records』と契約し、ジャニーズ初の“全世界デビュー”を果たしたジャニーズJr.の人気グループ『Travis Japan』。10月28日に配信リリースされた『JUST DANCE!』のMVがランクイン。

今年3月よりアメリカ・ロサンゼルスに留学し、世界最大のアーバン・ダンス・コンペティションである『WORLD OF DANCE』全米大会にてチーム部門で4位、世界大会にてチーム部門で9位に入賞し高いダンススキルを証明する中、7月にはアメリカの人気オーディション番組『America’s Got Talent』に出演。高いダンスパフォーマンススキルや華麗なアクロバットで観客を魅了し、審査員からの高評価を得た彼ら。「JUST DANCE!」という曲のタイトルにも込められているように、踊ることへの”衝動”や”喜び、ステージに立てたことをシンプルに”喜び””楽しむ”といった想いが込められおり、また、大きな夢を抱いて世界のスーパースターになろうとしている『Travis Japan』そのものが表現されている。

Official髭男dism(5位)

現在放送中のフジテレビ系木曜劇場『silent』主題歌として書き下ろされた楽曲で、『Official髭男dism』の新曲『Subtitle』のMVがランクイン。

アイススケーターの少女と父親の関係性を描いた、親子のストーリーが映しだされた作品となっている。また、銀色のはためく背景を背負ってバンドセットで演奏するメンバーの様子も映しだされている。耳の聴こえない青年との切ないラブストーリー『silent』に『Subtitle(字幕)』という名の楽曲を提供した『Official髭男dism』。ドラマの切なさや美しさをより一層引き立てる名曲となっている。

Ado(6位)

 

映画『ONE PIECE FILM RED』の劇中キャラクター「ウタ」として歌唱し、世界的にヒットしている歌い手『Ado』。20歳の誕生日を迎えた24日に、自身のYouTubeチャンネルで公開した“歌ってみた動画”がランクイン。

「プリキュア5、スマイル go go! 歌いました」と題した本動画は、『Ado』らしいパワフルボイスと「プリキュア」のチャーミングなメロディーが組み合わさった完成度の高いカバー動画。しかし、一部批判的な意見が寄せられたことで『Ado』が自身のTwitterで謝罪することとなった。

JO1(7位)

人気ボーイズグループ『JO1』の最新曲『Phobia』のMVがランクイン。本楽曲は、10月12日にリリースされたJO1の最新シングル「MIDNIGHT SUN」に収録されている、“君”を失う恐怖心が描かれたナンバー。サビ前の振付では涙を拭いながら振り払う動きで、楽曲に込められた切ない感情が表現されている。

MVではパープル、ネイビー、グレーで統一された衣装を着たメンバーたちが、ダイナミックなダンスパフォーマンスを披露している。切ないメロディーを表現するメンバーたちの表情が印象的な映像となっている。

back number(8位)

10月からスタートしたNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」の主題歌『アイラブユー』のMV。

『back number』の真骨頂とも言える、素朴で何処か懐かしさを感じるメロディーが心に響く本楽曲。MVの中で、演奏シーンはモノクロなままで進んでいき、ラストの壮大なサビに入った瞬間色づく映像の美しさが印象的。

平成フラミンゴ(9位)

人気YouTuber『平成フラミンゴ』が、今後の活動方針についてファンに向けて語っている動画。半年前に、2人同じ病気を患っていることを告白したが、『NICO』がそれとは異なる病気が発覚し、早急に手術する必要があることを明かした。

2人で話し合った結果、活動休止はせずに、体調優先した無理をしないペースで動画更新する予定だそう。「(活動休止すると)平成フラミンゴが忘れ去られてしまうのではないか」怖かったと話す『NICO』。コメント欄では、

こんな大好きな2人を忘れるわけがない

2人のことはきっと忘れろって言われても忘れられないし、動画投稿がなくても大好きな2人であることには変わりないから!

こんなおもろくて私たちに笑顔と自信しかくれない2人のこと忘れるわけない!!!!!!!!!!!!!変な心配せず2人のペースで頑張ってくれ!!!!!投稿頻度がバラバラで遅くたってそんなのにこりほが元気で楽しくやってるならどーでもいいさ!!!!!!

など2人の体調を案ずる声や応援するファンのメッセージが多数寄せられた。

東海オンエア(10,16位)

10分間にさまざまな方法で回転し、チャレンジ3回の合計回転回数で競う『東海オンエア』の企画動画。今回出演しているのは、『てつや』『ゆめまる』『りょう』。3回のチャレンジはそれぞれ別の方法で行わなくてはならず、各々どう工夫して回転数を稼ぐかが見どころ。

1回目は、『ゆめまる』回転椅子を使用した『りょう』は200回強なのに対して、回転遊具を使用した『てつや』は487回と大健闘。俳優であり『東海オンエア』と親交が深いことで知られる『岸田タツヤ』も協力した。

2回目の『ゆめまる』は回転遊具に挑戦しており、まさかの遊具かぶり。しかし、思うように回転数は伸びず残念な結果に。勝負の結果は、『てつや』の勝利。ご褒美に「回転チェア」や「回転寿司機」「スマホケース」「ハンドスピナー」など、回転にまつわるものを獲得した。

『東海オンエア』の中で、天然キャラで人気のメンバー『としみつ』。「企画会議中に変化するメンバーに気がつくことができるか?」という彼をターゲットにしたドッキリ動画。

最初に気づかれたのは、『しばゆー』。「つけまつげを鼻に入れて鼻毛にする」というなんとも大胆なドッキリだったが、あっさりバレてしまう。「だんだん水に濡れていく」ドッキリを仕掛ける『りょう』や、「だんだん襟足が伸びていく」『てつや』は、たびたび離席。怪しまれないように腹痛と偽る『てつや』に、他の仕掛け人メンバーもヒヤヒヤ。

「メガネがだんだん大きくなる」『虫眼鏡』や、「水の代わりにお酒をペットボトルで2本飲み切る」『ゆめまる』など、メンバーの異変に次々気づいていく『としみつ』。最後に『てつや』の襟足を見て「お前髪長くないか??」と驚き、メンバー全員が爆笑の渦に包まれるシーンが面白い。

KAI Channel / 朝倉海(11位)

『朝倉未来』のチャンネルで公開されていた『Breaking Down6』のオーディションの裏側に密着した動画。

オーディション前の、ピリついている雰囲気の選手たちや、オーディション終了後に試合が決定し、本番に向け意気込む選手たちの様子を公開している。

なにわ男子(13位)

『なにわ男子』が11月16日にリリースする3rdシングル『ハッピーサプライズ』のMVがランクイン。

本楽曲は、冬の街並みが似合う、疾走感溢れるウィンター・ラブソング。ポップでキャッチーなメロディが印象的な楽曲となっている。MVでは、色とりどりの花が飾られたセットを背景に、パステルカラーの衣装を身に纏った『なにわ男子』がダンスしている。キラキラとした楽曲と彼らのフレッシュさが合う映像となっている。

Fujii Kaze(14位)

TikTokを中心に人気が広がり、国内のみならず海外でも大きな反響を集める『藤井風』の楽曲『死ぬのがいいわ』。この映像は、スタジアムライブ「LOVE ALL SERVE ALL STADIUM LIVE」のために撮り下ろされた演出映像。チャンネル登録者数が200万人を突破したことを記念して、同チャンネルにアップされた。

楽曲を体・表情・手だけで完璧に表現するワンカットのモノクロ映像は、見る人を惹き込む『藤井風』のカリスマ性が光っている。本動画には、国内外から多くの賞賛の声が寄せられている。

北海道日本ハムファイターズ(15位)

「今季限りでの現役引退」を表明した『日本ハム』の『杉谷拳士』内野手。「引退会見ではなく、前進会見としたい」と話した彼の会見動画がランクインした。

2008年に入団して以降、両打ちの内外野を守れるユーティリティープレーヤーとして活躍したほか、チームきっての元気印として球団の垣根を越えて球界で愛された。時々涙ぐみながら記者からの質疑応答に答えた後、前監督である『栗山英樹』氏からの花束贈呈で堪えきれず号泣。感動的な会見の様子に、

プロ野球選手としては「おつかれさま、いままでありがとう!」 そして、今後もますます『前進』していく杉谷拳士に幸あれ!!!!

杉谷選手の動画で泣く日が来るなんて思いもしなかった。 14年間お疲れ様でした!

14年間お疲れ様でした! これから前進する杉谷拳士を、これからも応援していきます!!

など、労いの言葉や応援のコメントが多く寄せられた。

HikakinTV(17位)

「ヒカキンと行く47都道府県ダーツの旅」というタイトル通り、ダーツが刺さった都道府県にラーメンを食べに行くという動画。ダーツ未経験者のヒカキンが挑戦した結果、記念すべき第一回は、北海道。「ラーメンと言ったら北海道」「味噌ラーメンが食べたい」とはしゃぐヒカキン。

ラーメン旅当日、羽田空港で大勢の修学旅行生に見つかってしまい焦るヒカキン。神対応なファンサービスをした後、北海道に向かう。一店舗目は札幌にある「麺屋 彩未」。一番人気の味噌ラーメンを食し、その味に感動している。ラーメンを食すだけでなく、スキー場を訪れて運動したり、「白い恋人パーク」を訪れるなど、見るとほっこりするようなのんびり旅動画となっている。

コムドット(18,19位)

『コムドット』の恒例企画に「購入品紹介」があるが、最近忙しくて買い物ができず、その企画ができていない上に、同じ服ばかり着ている現状を打破するため「買い物」企画を実施。

ただ単に買い物をするのではなく“使える金額をルーレットで決める”という制約つきの企画で、3万、7万、15万、20万、50万の枠を設けている。

『ゆうた』以外は、3〜15万円に収まっており、4人仲良く『やまと』と『ひゅうが』の行きつけのお店に赴き、洋服や靴を購入している。

1人だけ50万円の予算を得た『ゆうた』は、洋服やアップルウォッチを購入している。

また、道中には、現在開催中の「コムドット日本全国かくれんぼ」のポスターを見つけては、メインのメンバーが同じポーズをし、盛り上がっている。

小さい頃、地元の友達の犬に追いかけられ噛まれたことで、トラウマになってしまったリーダーの『やまと』が、裏方メンバー『ごうた』の愛犬『イヴ』とじゃれ合い、トラウマを克服する動画

“お手”“おかわり”“タッチ”“チュー”などの芸をマスターしたり、投げたボールを持ってきてもらったりと“犬嫌い”だったとは思えない程打ち解けており、癒される動画になっている。

苦手なことにも説教的に挑戦し、克服していく姿に賞賛の声が上がっている。

もちまる日記(20位)

『もちまる』の誕生日のお祝いに、『中川翔子』が駆けつけ、クッションをプレゼントしてい。

以前から『もちまる』のファンだったという中川は、”お手“をしてもらい、嬉しそうな表情を見せている。

【ショート動画再生数ランキングTOP10】

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)【ショート】1031

『spider-maaaaaaan / スパイダーメーン』が1位にランクイン、そのほか3,4,5,6位に5本ランクインするなど圧倒的な再生回数を記録している。

ランキング常連の『ISSEI/いっせい(8位:599万再生)』『M2DK.マツダ家の日常(7位:733万再生)10位:406万再生』もランクインしている。

TOP10入りしたチャンネル4チャンネルのうち『sushi ninja/すし忍者』のみが初ランクインとなっている。

【全動画再生数TOP10ランキング】

YouTubeランキング(デジタルクリエイターズ)【全動画】1031

本編ランキングで1位の『米津玄師』が全動画対象のランキングでは5位を獲得。

10動画中8動画がショート動画で優勢だが、9位には『朝倉未来』がランクインしており、『Breaking Down』の人気の高さが伺える。

今週は、公式メディアの動画はTOP10入りはしていない。

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧