進撃のノア、「子供にキャバ嬢やらせたい?」の質問の回答は…?店舗の課題「お店の看板がいない」にノア社長は…?

By TS / 2024年02月22日

大阪・北新地の人気キャバクラ『CLUB REIMS』の社長を務める『進撃のノア shingeki noa』が最新動画を更新。年明け最初の営業日のノア社長と店舗の様子に密着した動画が公開された。

年明け1発目は、10年来の常連さんと同伴ルーティーン

年明け最初の営業日のスタッフ会議が終了し、ノア社長が向かった先は、かに道楽。毎年恒例で、社長の10年来の常連客である、通称「お馬さん」と食事に行くようだ。19歳の頃からの知り合いで、毎年の年末年始、誕生日には彼氏が出来ようが、験担ぎでお馬さんと同伴に入る。

お馬さんは「女の子とは基本的に同伴しない」とのこと。社長の特別な日にしか同伴自体しないと話す。社長に対しても「別の人とご飯に行っていいよ」と言うものの「ルーティンが崩れたら怖い」と社長。料理が到着すると「(カニの)身剥いといたで」と社長に差し出すお馬さん。社長は「親戚のおじちゃんみたいな関係」と話す。彼氏ができたらすぐ紹介するようで、反対意見ももらうと言う。

1杯目で「めっちゃ酔っ払った」と話す社長。クリスマスに大腸を壊してから油ものや、生ものを控えていて、17日ほど飲酒もしていなかったと言う。話題は、社長の長期休養について。休養中にも、社長からテレビ電話があったという。復帰が思ったより早かったというディレクターに対して、アメリカに行って良かったんだと思うと話す社長。

以前、「子供がキャバ嬢をやりたいと言ったらやらせる?」という質問に、2年前は「大賛成」と答えていた社長だったが、この1年で変化があったようで、「今はやらせたくない、キャバクラの時代が変わってきてる」と胸の内を明かした。

今年のREIMSの課題とは…

新年初営業日の店内は賑わっている。元六本木No,1キャバ嬢のハナ。アフター後は実家のサンドイッチ屋を手伝うと一面も。『CLUB REIMS』でも成績を上げていき、初の誕生日イベントでは、1,670万円を売り上げた。この日の出勤では、お客さんに名前を間違えられて動揺してしまい、ずっと言い出せないというハプニングがありながらも、お客さんに謝られると「じゃあ飲んでもらおうかな」と機転を利かせた。

行列が絶えなかった初日だったが、店にはある課題が。「去年ほどの忙しさとか勢いがない」「お店の推しメンバーがいない」とのこと。自分を売るよりも人を売る方が難しい、いかに影に隠れるかというプロデュースならではの難しさがあるのだろう。初日を過ごしたノア社長は「ゆっくり考えたい。今後のREIMSについては。無理に目標を高くしすぎても良くない」と今後の店舗運営に対しての本音を打ち明けた。

最後には、年明け1発目からお客さんと同伴をした女の子たちに、「初日から意識高い」とお年玉を渡すノア社長であった。

コメント欄では

着物のせいもあるけどノア社長が一回り貫禄さをまとってるように見えた。 内面的美しさが増してどんどん綺麗になってる

ノアさんって本当に華がある いるだけで周りが明るくなる!

まりさちゃんめちゃくちゃ可愛い。この子が次の看板になると確信した。

など、ノア社長を褒める声や、次の看板を予想する声も上がった。

その他の『進撃のノア』の記事はこちら

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧