半額で売れ残ったカニが、水槽を元気に駆け回る!丁寧すぎるお手入れで瀕死状態から復活させ、「優しすぎる」と絶賛の声も

By kazu / 2024年02月27日

海洋生物やアクアリウム(水族館)に関する動画を投稿している『エマスちゃんねる / EMAS CHANNEL』が、メインチャンネルにて最新動画を更新。
前回動画で復活した元・瀕死のカニについて、その後の経過を観察した。

驚異の生命力に驚きを隠せない

チャンネルを運営する『もりぽこ』は、アクアリウムに設置する水槽のレンタルやメンテナンスを行う株式会社EMAS DESIGNの代表。
その知識を活かし、アクアリウムに関連する動画を公開しており、チャンネル登録者数は5万人を突破している。

今回の動画で主役となるのは、もりぽこがスーパーマーケットを訪れた際、半額のラベルとともに売れ残っていたクリガニ。
前回動画でもりぽこが手厚い飼育をした結果、購入から1週間後には通常の状態にまで回復を見せた。

視聴者も「半額から定価に戻った」と驚きの声をあげたクリガニの生命力だが、今回の動画ではその後を観察。
飼育して間もなく死亡するようなら食する予定だったようだが、驚きの生命力を見せたため、このまま飼育していくようだ。

万能すぎるアオイソメ

「肉のハナマサ」で購入したというイカのゲソを与えてみるが、一切興味を示さないクリガニ。
むしろ驚いて逃げてしまい、しまいには脚で蹴飛ばしてしまうというありさまだった。
このゲソは、クリガニの隣の水槽で飼育されているフグ(てっちり)に与えられ、ものすごい喰いっぷりで消化されていった。

しかし、前回動画でも主食候補として名を挙げたアオイソメ(釣り用のエサとして用いられる生物)にはがっつり食いつくクリガニ。
細長いうえ極端に活発でないこともあり、クリガニにとっても食べやすいエサのようだ。

アクアリウムを専門としたビジネスを展開するだけあり、水槽のお手入れも欠かさないもりぽこ。
一時は息絶えようとしていたカニを購入し、水槽内で活発に動けるまでに回復させたことに対しては、

見てて幸せな気分になりました。貴方は慈悲深く優しい人なんですね。
蟹さんと主さん、仲良く暮らして下さい。こうして育て直してくれて幸せだ。

本来なら閉店間際に他の人に買われていたら今頃食べられていたと思うと、このクリガニさんは強運の持ち主ですね。
てっちりと共に長く生き抜いて欲しいです。

など、称賛のコメントが寄せられている。

『エマスちゃんねる / EMAS CHANNEL』のその他の記事はこちら

動画紹介チャンネルの詳細ページ

人気記事

新着記事

タグ一覧